第288号:心の位置。

今日は終日研修ということで、当然、その日の夜~朝はセミナー準備となった。
昨日とてもゆる~い1日にしたにもかかわらず、眠くて眠くてなかなか進まなかった。
休んでは進め、進めては休み、亀のような進み方だったが何とか終了した。

そして、岡山に電車で向かった。
電車に乗るとまわりにいる人を感じてみるようにしているのだが、
今日はなんかじっくりとその空気が味わえていない感じがした。

なんだか、味わおうとしても体に入ってこないのである。
ちょこっとだけだが、嫌な予感と自分への信頼感が下がっていくのがわかった。

セミナー会場に入り、主催者の方や早く来た受講生の方とコミュニケーションした。
そして、授業に入ろうとしたのだが、なかなか人が集まらず・・・。
お休みの方もいて、「自分が悪かったのかな」とか、
自分自身を攻めるような気分になったり、落ち込んだりしてしまった。

授業のオープニングでも、なんとなく、味わえず気分が盛り上がってこない。
2週間のふり帰りからスタートしたが、その中で私の心を察するがごとく、
私に対する承認のメッセージを口にしてくれる受講生の方もいて、
徐々に心が軽く浮き上がっていくのが判った。
でも相変わらず、味わうという感覚は少なかった。

授業の方は、経営戦略の思考ツールを使ったコンセプトのブラッシュアップであり、
グループに分かれて各々のビジネスプランについて討議した。
グループ内で様々な意見が出て、混乱したり、明確になったりしている様子だった。

その中でも、意見、つまり、フィードバックに対する姿勢が特に重要だと感じた。
つまり、フィードバックに対して即反応してしまったり、受け取れないという場面が、
とても多く見られたのである。

「フィードバックを受け取るのを邪魔をしているのは何か。」

  1. 自分のおごりやプライド
  2. 今までの経験からくる思い込みや枠組み
  3. 相手を軽侮する気持ち
  4. 自己を尊重したい気持ち
  5. 自分の想いや大切にしていること

まずは、フィードバックを受け取る姿勢は、すべて一旦受け止めてみること、
そして、否定するのではなく、自分に必要な情報や視点であれば受け取り、
それ以外のものは、感謝して捨てるのである。
だから、フィードバックに対して、抵抗したり、対抗したりする必要はないのである。

そんなことを1日感じながらセミナーは終了した。
終了時に、私のフィードバックをしっかりと受け取ろうとしている受講生の姿があった。
素直で、純真で、前向きさに、コーチとしての責任を強く感じた。

そして、夕方はスタッフの方と食事をしたが、久々に開放された雰囲気で、
本当にまじめな仕事の話から、私が得意な馬鹿話にいたるまで、
付き合っていただいて、本当に楽しかった。
ありがとうございました。

そして、帰宅後、夜は可愛い師匠と明日のセミナーのために軽い掏り合わせをし、
テキスト作成、印刷、そして、進行プランとシナリオを整備している途中にダウンした。
明日は倉敷三斎市もあるからである。

「人の気持ちを味わえない感覚は、どこから来ているのだろうか。」

  1. その時もっている心配
  2. 自分の理想が高い状態
  3. 味わえないという自分への不信感
  4. エネルギーや矢印が相手に向かない感覚
  5. 俯瞰的に見れていないこと

自分の心の位置によるものや、その時の自分の役割によるものが大きいように思う。
コーチというモードなのか、それ以外のモードなのか使い分けが出来るようになりたい。
コーチのスイッチを入れたときに動くもの、普段から動いているものを整理してみたい。

今日も自分を承認する。
「よりよい事業計画を作るために、私が必要だと思うことを伝えていたね。」
といってみた。
「もっと熱く、かつ、論理的に使い分けて伝えられるようになったら良いね。」
と返って来た。

目の前にいる人をしっかりと味わい、感じ、そして、熱く語りかける自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む