アーカイブ: 2009年6月5日

第392号:ご紹介

今日は朝から淡路島に向かった。

県外での創業塾ということで、瀬戸大橋を渡りながらワクワク感が高まった。

 

最近思うことだが、本当に真剣に研修に取り組んできた結果として、

紹介の輪が広がっているように感じる。

今回のような商工会議所や商工会にご紹介いただけるケースや、

紹介のみならず、良い研修をする会社として推奨してくれるケースもあった。

企業研修においても、お付き合いのある企業から、

「紹介しておいたよ!」という声が、この1週間だけでも3社もあり驚きである。

うれしいというか、楽しいというか、その喜びはひとしおである。

そして、鍛える師匠と可愛い師匠と、その喜びを分かち合えるのは最高なのである。

 

一方で、自分が抱え込まなければならないことも非常に多い。

研修にしても、コンサルにしても、コーチングや顧問にしても、

お客様の悩みや問題など、自分がいかにその解決にかかわりを持っていけるのか、

それは、自分の想いでもあり、自分自身との戦いでもある。

「協働により、人と企業に愛とよろこびを提供する。」

その言葉を胸に、もっと多くの人に、よりよいサービスを提供して行きたい。

 

今日も自分を承認してみる。

「本当に相手のことを思い、向き合い、本当に大切なことをしてあげようとしていたね。」

と言ってみた。

「もっともっと、相手の望みを感じてあげられるようになれるといいね。」と返ってきた。

相手が本当に欲しいものや望んでいることに、100%でいられる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

また来てくださいね。

第391号:調子にのる

今日は1日セミナーだった。

それも、これから3月間にわたって続く予定のセミナーである。

ビジネススキルを身につけるためのコンテンツである。

今回は製造業の従業員の方に対する教育であるが、

内容は経営学に関連する内容であるため、

一部の従業員の方から疑問や不安の声が上がった。

「どうせやるなら、専門知識の教育をやってほしい。」

正直、おっしゃる通りという感覚を私は持った。

同時に次のように思った。

「この人の学びを深めるために、どう言ってあげたらいいのだろうか?」

いろいろと脳裏をよぎったが、次のように伝えることにした。

「成果のあげられるビジネスマンになる為には、バランスが必要。」

身につけるべき能力には、3つの種類がある。

  1. ヒューマン・スキル
  2. コンセプチュアル・スキル
  3. テクニカル・スキル

ヒューマン・スキルは人間力、コンセプチュアル・スキルは思考力、

テクニカル・スキルは専門力というように伝えた。

専門技術の知識ばかり増えても、人に伝える力が無ければ全く意味が無いし、

その場その時に合わせて思考する力が無ければ使い物にならない。

とにかく、成果を上げられる人になってほしいと伝えた。

このあたりから、調子に乗ってしゃべっている自分がいた。

 

また書きます。

ありがとうございます。