タグ: HCD

第512号:2011年元旦の計

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年中は皆様方からの多大なるご支援を賜りありがとうございました。

心より御礼申し上げます。

本年もよろしくお願いし申し上げます。

さて、今年の年賀状の年末ぎりぎりにやっと仕上げるという結果となり、

コメントを記入することもできないままで大変失礼しました。

しかしながら、年賀状にある「できないをできるに変える」という私たちのミッションは、

昨年夏より夜の時間を割いて、スタッフと共につくり出した経営方針の言葉です。

この言葉を皆さんに伝えたい一心で今年も年賀状を作りました。

昨年を振り返ると、岡山大学大学院のMBAコースに通い始め、

仕事も勉強も余裕の無いまま走り続け、社内外の人に甘えていた自分が見えました。

その結果、良いことも悪いことも起き、様々な人からのフィードバックも受け取りました。

苦しい気持ちが起こると同時に、新たな変革の必要性を感じています。

そんなことを考えながら年末を過ごし、2011年の元旦の計を立てました。

一言漢字であらわすと、「整」です。

漢字の意味を調べると、「乱れた状態をととのえること」とあります。

心も体も、そして、仕事や会社も全て整えたいということです。

そして、来年は原点に立ち返り、しっかりと翌年ジャンプできるように、

一旦小さく縮んで、大きくジャンプするための充電を目いっぱいしたいと思います。

それは、会社のシステムやプロセスを整えるということ、

それは、自分自身の体調を強化し、ベストの状態でいられるよう整えるということ、

それは、学んだ知識を更に深く、拡がりのあるものに整えるということです。

そのことは、先ほどもお伝えした「できないをできるに変える」というミッション、

そして、「協働のよろこび」というコアバリュー、

「人を深く聴き、その望みを理解する」というストラテジーを実現していくこととなります。

今年1年間、エヌティ・クリエイトにご期待、ご支援くださいますよう宜しくお願いします。

昨年一年の自分を承認する。

精一杯、貪欲に知識を吸収し、多くの人々に協働のよろこびを提供したね。

といってみた。

もっともっと、自分自身を真っ直ぐに、太く、強く保ってごらん。

と返ってきた。

今、ここで活かされている自分を感じ、活かされていることに感謝して言いたいです。

ありがとうございました。

そして、共に生きていきましょう。

宜しくお願いします。

第436号:飲み干す

今日はお休みのつもりだったのだが、結局1日働くこととなった。

といっても自営業者なので、好きなように働く権利がある!

と言った方が適切だと思う。

 

結局、午前中にあるプロジェクトのミーティング、

それから、新たなコンテンツ開発に関連する打合せが2つである。

 

しかしながら、疲れとストレスを持ったまま今日に突入したので、

いろいろなところで不具合が発生した。

 

どんなことが起こったのか?

 

「不平・不満や愚痴が多い」

「否定されると跳ね返したくなる」

「話が伝わらないとイライラする」

 

我ながらとても情けないものがある。

そして、その疲れもピークになると全く相手の声が聴こえなくなるのである。

基本的に私は聴くということに多くのエネルギーを割くので、

通常は会話がとても円滑である。

 

でも、私が話が聴こえなくなると、会話がとんでもないような方向に行ったり、

収拾がつかなくなったりしてしまう。

そういう意味では、コーチやファシリテータとしてとても機能している。

我ながら素晴らしいことだ。

 

じゃあ、どうして臨めば良かったのだろうか?

 

1.適切な量の睡眠や食事を取る

2.ウォーキングなどをしてストレス解消して臨む

3.自分の想いや相手の想いを感じることにフォーカスする

4.何をしゃべっても安心であるという場を作り、

スペースチェックしてから臨む

 

等などである。

貼り紙を読み返したり、左手の儀式をしたり、こぶしを突き上げたり、

自分が本当にありたい姿と常に共にいることが大切だと思った。

 

今日も自分を承認する。

疲れとストレスの中で、相手の存在を常に尊重しようという場にいられたね。

と言ってみた。

たまには、うまくはぐらかして楽してみたら?

と返ってきた。

 

相手の想いを味わい溶かし飲み干すほどのリーダーシップを持って言いたいです。

今日もありがとうございました。

 

第380号:最近の自分

最近の自分はどうも力が無いように感じる。

なんて言ったらいいかわからないが、腹の底から出てくるエネルギーが無い。

他者からエネルギーをもらってばかりのように感じる。

自分で何かをしてあげているという感覚が無いのかもしれない。

むしろもらってばかりである。

 

今日も昨日に続きイベントに参加したり、それから、ある支援機関の会議に出たりした。

何となく、自分の中身が次のような状態に感じる。

  1. ぎゅっと詰まっていない
  2. ふわふわしている
  3. 温度がぬるい

体の芯の部分に熱いものが無いのである。

その結果が、今の自分の行動や態度なんだろう。

自分自身が納得できていない。

 

今日も自分を承認してみる。

「今の自分が好きなことや、欲しいものに素直でいられているね。」

と言ってみた。

「その中にも自分が大切にしているものがきっとあるね。」と返ってきた。

やわらかなしあわせを感じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

第376号:美術館

今日は日曜日。

最近日曜日の仕事が多く、参加できていなかった倉敷三斎市のボランティアに行った。

その後は、息子とネイチャーゲームに参加する予定なので準備のお手伝いだけとなった。

久々だったので、新しい取り組みも多く、いつも参加しているスタッフに頭が上がらなかった。

ただ、参加することで自分自身の存在意義のようなものが感じられ、

本当に心地の良い時間を味合わせていただいた。

感謝である。

 

そして、以前から非常に興味のあったネイチャーゲーム。

自然に触れ感じるることで、ありのままの自分を取り戻すことができる取り組みだ。

その研修の進め方は、コーチングの研修に近いものがある。

自分らしくあるために、呼ばれたい名前を書く。

研修がスタートしてからは、否定されることなく、ありのままの自分でいられるよう、

ゲームリーダーが場をコントロールしていく。

和やかな雰囲気の中で、親も子も心を開き、その自ら持つ感性を開いていく。

ゲームの内容は、今回は2つだった。

  1. わたしはだあれ
  2. 森の美術館

特に面白かったのは、森の美術館である。

ゲーム会場の公園の中にある木々を見つめ発見したことを真っ白なふちで切り抜き、

ひとつの作品を作るというものだ。

私は、『木のアパート』、息子は『なかよしくん』という作品を作った。

自然を見つめながら、いろいろな視点から見て、心の動きを感じる。

そんな、自分自身の心の動きが味わえる時間だった。

 

今日も自分を承認してみる。

「子供と一緒に、いま、ここをしっかりと味わうことができたね。」と言ってみた。

「もっと100%で、ぎっしりとした時間にするにはどうしたらいいかな。」と返ってきた。

自分のありたい姿にまっすぐに、熱く生きている自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

 

ネイチャーゲーム協会の皆さま、ありがとうございました。

近いうちにまた、スタッフとしても参加させていただきたいです。

今後ともよろしくお願いします。

第375号:再スタート

早いもので、ブログを中断してから、約4ヶ月がたってしまった。

書けなくなってしまった理由には色々とある。

  1. 愛用していたデルのノートパソコンが壊れてしまった
  2. 新しいパソコンの無線LANへの接続ができなかった(未だに・・・)
  3. 新しい受注があり多忙となった
  4. ブログを書くモチベーションがあがらなくなってしまった

特に私として重要なのは4.であり、それらのものは4.を増長するような形である。

ブログを書くモチベーションという点で振り返ってみると、次のようなことがいえる。

  1. 一生懸命に書いてもアクセス数が伸びなくなってしまった
  2. 一回停滞してしまって、毎日書いていたものが滞ってしまった
  3. ホームページのリニューアルが重なり、完成してから・・・と思ってしまった

最近になって思うことだが、自分の今の状況を振り返ること、

そして、発信することを怠るようになってから、大事な幹がぐらぐらと揺れるように感じる。

自分の思いやあり方、つまり、アイデンティティを失ったようにも感じる。

その結果として、自信もなければプライドやモチベーションも下がってきたように感じる。

 

その一方で、第3子である喜子ちゃんが生まれたり、

FM岡山で森田恵子ちゃんの番組に登場したり、

ペルソナ&シナリオ手法による新商品開発プロジェクトが立ち上がったり、

と新しいことがたくさんある。

私は再び、自分を取り戻すためにブログを書きはじめたいと思っている。

そんな今日にしたい。

 

今日も自分を承認してみる。

「今の状態を冷静に振り返って、もう一度、自分のありたい姿に向き合えたね。」

といってみた。

「きっと間違っていないよ。」と返ってきた。

こんな私ですが、この世の中を愛とよろこびで満たしたいと叫んでいいたいです。

今日もありがとうございました。

またお会いしたいです。

第313号:エネルギー拡散。

今日は早朝ミーティングの朝だ。
昨日も寝たのが遅くなってしまい、その上、3時頃に目が覚めてメールをしたので、
眠りが浅く、眠たさが抜けない状態である。

例によって、朝バタバタと準備をして出ようとするが、
ちょっと、果物でも食べようと食べ始めるといつもぎりぎりになり、
慌てて飛び出した。

今日は、相手の望みを感じるということが大切だと思った。
疲れていたり、自分のエネルギーが足りていなかったりすると、
どうしても相手の望みを感じるどころか、自分を満たそうとすることに躍起となってしまう。

新規事業の進捗管理、ISOの認証取得支援の立ち上がり、そして、
岡大ラボに入って打合せをした。
途中からは鍛える師匠と一緒に活動し、岡大ラボには可愛い師匠も駆けつけてくれた。

サウティリサーチの松永さんとおぐちゃんと、エヌティ・クリエイトの3人で話しをした。
お菓子をつつきながら、お互いのことを知り合ったり、一緒に出来る仕事を見つけたりした。
とても楽しい時間だった。

そして、3人で大盛りカレーの店に行き、軽く!?夕食をとってから岡大ラボに戻った。
空に見えるほぼ満ちたりている月が美しく、心が静かになった。
そして、事務所に戻って、珍しく、というか、初めて可愛い師匠と席を並べて別々に仕事をした。
たまりにたまった報告文書を作成し、半分くらい片付いた。
まだまだ、積み残したことがあるけど、少しほっとした。

厳しい師匠から、アチーブメントプログラムなるものを今日は借りて、車の中で聴いた。
完全に自己啓発系の音声である。
その中で言っていることは、基本的には私がいつもブログに書いていることと同じだと思った。
人間中心アプローチやエヌティ・クリエイトの経営理念とほぼ合致するのである。

その中でも、相手のことを望んでいることをかなえることへの想い、
その人のために、どこまで本気なのか、誰よりも想ってあげられるか・・・。
そして、それを人生の目的としていき、それが実現されることが成功である。
ここは、CDの中で叫ぶ講師よりも、自分のほうが上でありたいと切に思った。

今現在起こっているエネルギー不足は、ここに問題が発生しているように思う。
おそらく、忙しすぎるとか、あることに心を囚われ人生の目的を脇に置いている、
たくさんの人の想いを感じすぎている等などである。
でも、もっと多くの人に自分の愛とよろこびを届けたいのである。
そのために、常に心と身体がタフでなければならないし、
自己管理を怠ってはならないのである。
肝に銘じておきたい。

今日も自分を承認する。
「自分自身の自己管理が出来ていないことに気付くことができたね。」と言ってみた。
「それも、いいんじゃないか。その時を100%で生きてごらん。」と返って来た。

今を100%で生き、その時と人の心を味わい尽くせる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

第312号:事実に基づく。

昨日遅くまで打合せをしたので、朝は妙に眠たかった。
そんな中、早朝ミーティングだった。
朝早いので妻におにぎりを作ってもらって出かけた。

事実に焦点を当てることが、とても大切だと今日は思った。
特に、ISOの仕事をしていると、「事実に基づくアプローチ」という言葉が出てくる。

「事実というのは何か。」

誰がいつどこでどんなふうにみても同じであること、である。

つまり、思い込みや固定概念などが一切含まれていない状態であり、
見方や視点、捉え方が違っていても、変らないものである。
今日は、このことを感じながらの1日であった。

朝一番で感じたことは、分からない、知らないという事実、
それから、変化が起こっているという事実であった。
この変化については、見る人によって好ましいと判断される場合と、
そうでないと判断される場合があり、人によってその人に起こる反応は異なる。

そして、次はマネジメントの支援であるが、正直、問題発生である。
その問題は、ISOが言うプロセスだとかシステムとかということで判断すると、
そんなに難しいことでもなく、修正、あるいは、是正処置をすればよいことである。

今回起こっている問題は、色々な人の感情が入り混じり、ぐちゃぐちゃに絡み合い、
どうやってほぐしたら良いのか分からないような状態である。
そして、それを判断するための方針が機能していないようであった。

当事者を集めて、事実を持ち寄った。
事実だけを並べていくと、プロセスの問題点や組織と個人の目的・目標の違いなど、
明確にその構造が見えてきた。
そして、その構造の隙間に、人間だからこそ起こる様々な感情があり、
それは、魔物のようであったり、火事に注ぐガソリンであったり、
落とし穴であったり、締め付ける縄のようなものであったり、
とても複雑な様相であった。

そして、午後はISOの品質マニュアルのレビューだった。
ここでも、事実を持ち寄ったマネジメントレビューの次のステップであったため、
本当に変化が起こっている。
この変化は、マニュアルを改善してもっと良いものにしたいというエネルギーで出来ていた。

きっとマネジメントレビューでプロジェクトメンバーに対する社長が述べた愛の言葉、
つまり、期待の言葉だったり、よろこびの言葉だったり、さらには、厳しい父親のように叱る言葉が変化を起こしていると思った。

そして、夜は岡大ラボに入った。
じっと色々と事実を味わっていると、自分の想いが今どこにあって、
目の前にいろいろな現象を生み出しているように感じた。
きっと、ある一つの事実をどう受け取るのかは自分自身であり、自分の心の鏡であるように思った。
この心の鏡をいつもぴかぴかに磨いて、純粋な想いで生きられるよう、自分をコントロールしなきゃって想った。

今日も自分を承認する。
「自分自身の事実と真実のギャップに向き合い、本当の答えを捜し求めていたね。」といってみた。
「そう、絶対に大丈夫。今自分が大切にしていることに正直で良いよ。」と返って来た。
20年後の自分が微笑んでいるような気がした。

愛とよろこびで満ち溢れた魅力的な自分、そして、大きな懐と余裕が感じられる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

第311号:やりきる。

今日は久々の商工会議所の出勤日であり楽しみであったが、
未完了が多く、なんとなく気乗りしない朝だった。

ブログを書いたりしながら、頭の中を整理していくのだが、
今日一日やることがめちゃくちゃ多く、これもやりきるという面でストレスである。

というわけで、朝からやりのこしたことなどをどんどん片づけて、
そう、先日の励ましのメッセージに対するお返事などを書いて、
やっとの思いで出発することが出来た。

商工会議所につくと、本当にいつものニコニコが美しい女性や、
きりっとしたまなざしや、優しい瞳の指導員と挨拶して、気持ちよくスタートする。
私の最も好きな時間である。
本当に良い感じである。

朝礼の後、創業ネットの三斎市への出店の件や、チーズケーキの魔術師の市役所での販売、
そして、今後のセミナーの展開などについて話をしていると、
朝から、色々な話をみんなが持って集まってくださった。
うれしくて、めちゃくちゃ楽しい。

今日は、居酒屋の会計・税務・開業実務、市役所でのチーズケーキ販売、
青年部の勉強会、厳しい師匠とセミナー打合せ、新たな居酒屋の事業計画、
農商工連携や販路開拓の件等など、本当に目白押しの1日だった。

その中にあったキーワードは、やりきるである。
今の私にはエネルギーが欠けているように感じる。
具体的には、1つのことを集中して、やりきるというこことが出来ていないのである。

「どうすれば、エネルギーを取り戻すことが出来るのか。」

それは、想いを熱く感じることである。
そのためには、左手の儀式を必ず行い、
「協働により、人と企業に愛とよろこびを届ける。」とつぶやくのである。
そのために、相手をまっすぐに信じ、すべてを受け入れるのである。
誰一人として間違っている人はいないと・・・。

これだけでは、今の私には足りないような気がする。
だから、私は自分に厳しくありたい。
要するに、想いを実現するための戦略・目標や具体的な手順を厳しく明確にしたい。
それは、スリリングでハラハラドキドキするものにするのである。

新しいこと、飛び込んでいくことが好きな私にとっては、
本当においしい食べ物である。
望んでいることであり、価値観の1つでもある。

今日も自分を承認する。
「いつも同じところに帰られていて、ブレずに生きられているよ。」といってみた。
「小さなブレはゆっくりと味わって生きていけば良いね。」と返って来た。

想いと明確なゴールをもって、エネルギーいっぱいの自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

号外3:岡山大インキュベータ・ラボ本日オープン。

本日、11月5日午前10:00~岡山大インキュベータ・ラボを開設します。

関係者様各位

岡山大インキュベータ・ラボ(研究室)開設のご案内

拝啓
 天高く馬肥ゆる秋、貴社におかれましては、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
また、平素より格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
  さて、有限会社エヌティ・クリエイトではこのような時の中で人間中心アプローチ(HCA)
という想いを核とした新コンセプトに基づき、今後のさらなる事業の拡大に備え、
別記の通り岡山大インキュベータ・ラボ(研究室:新設)を開設することとなりました。
これもひとえに皆様方のご指導ご支援の賜と衷心より厚くお礼申し上げます。
  これを機に、『協働により、人と企業に愛とよろこびを届ける』ための感動のプログラムを
更にグレードアップして提供していきます。岡山大学との連携による研究開発により、
ペルソナ手法やシナリオ手法を活用した新商品開発・販売促進支援や組織改革支援等
の業務の充実を図り、お客さまサービスの向上に邁進してまいりますので、
今後とも一層のご愛顧をいただきますようお願い申し上げます。

敬具

平成20年11月5日
有限会社エヌティ・クリエイト
西田卓美
筒井徹也
西田和英(代表取締役)

◇岡山大インキュベータ・ラボ(研究室:新設)
〒700‐8530  住所:岡山県岡山市津島中1-1-1
          TEL:086-201-3818
          FAX:086-201-3819
 ※開設時期:平成20年11月5日より業務開始
  (出勤が不定期のため、予め連絡の上ご来所ください。)

◇本店(自宅事務所:現在)
〒710‐0016  住所:岡山県倉敷市中庄2161番地
          TEL&FAX: 086-462-3455