タグ: 目標

第10号:今を生きる。

今朝は、昨日の気持ちの落ち込みに加えて、
睡眠不足なのに忙しさにたたき起こされたような追い詰められた気分だった。

今年の年賀状で宣言しスタートを切った「おにコーチ」への反響、
さらに、今コーチングを受けてくださっている方々の成果、
コンサルティングや研修など仕事の引合い、ブログを書き続けていること、
自分にとって本当に嬉しいことばかりである。

とはいっても、順調であればあるほど、いろいろなひずみが出てくる。
もちろんその中には、年初から宣言しているタイムマネジメントのスローガンである
「自分を楽にする」とは全く逆の方向に進んでしまうものも含まれている。
過去のこと、将来のこと・・・。
そして、今現在の課題や問題点のこと・・・。
忙しさと余裕のなさにより、自分のコントロール感を失い、不安や悩みが首をもたげてくる。

特に将来への不安や悩みは、自営業者ならではのどこまでいっても避けられない
巨大な影法師のようなものであろう。

「自分を苦しめる不安や悩みはどこからきているのか?」

①過去から来ている
 自分が過去にしたこと、そのことに対する捉え方、それによって生じるセルフイメージ等など、
 くよくよ考えるネタは山ほどある。

②将来から来ている
 いくら考えたって、わかるはずの無い将来の自分。
 5年後、10年後をまともに考えてみると、何があるかわからないわけだから、
 生きているかどうかだってわからない。
 そんな情報不足や不確実性がたっぷりと自分をいたぶってくれるわけだ。

「どう生きると不安や悩みはなくなるのか?」

①自分を良く知ること
 自分の強みや弱み、さらには、自分の想いやビジョンを明確にする。
 経営コンサルタントをやっていて月並みなことで本当に申し訳ないと思うが、
 企業がビジョニングやSWOT分析により経営戦略をたてるように、
 個人も自分のリソースをフルに活用して、高いパフォーマンスを生む必要がある。

②今を生きる
 過去のことを嘆いてみても、その時間は帰ってこないし、ほぼ100%取り返しはつかない。
 もちろん、反省は必要だが・・・。
 さらに、将来を憂えても何が起こるか判らないし、極端な話を言うと、
 明日の朝、飛行機が頭の上に落ちてきて、死んでしまうかもわからない。
 じゃあどうしたらいいのか・・・と問えば、「今この瞬間に全てをかけて生きる。」ことだ。
 せめて、「10分先にどう生きるのか。」ということに意識を向けたい。

③自分の軸で生きる
 我をはるという意味ではない。
 人を頼ったり、環境のせいにしたり、人からの支援を期待したりしないということである。
 他人軸にもたれかかると、期待通り動いてくれるわけではないから、
 セルフコントロールが不可能という感覚を強く感じる。
 だから、コミュニケーションでも仕事の関係でも、他人から“もらう”のではなく“あげる”方が良い。
 人が喜んでくれることこそが、自分の喜びを大きくすることができる。
 つまり、自分のビジョンや想いを軸にしながら、自分の責任で生きるということなのだろう。

みなさんは、不安や悩みをどんなふうに乗り越えていますか?
また話を聞かせてくださいね。

今日も生き方について教えてくださってありがとうございます。
これからも一緒に生きて行きたいです。
もう一度、ありがとうございます。

第9号:笑い飛ばす。

今日も朝早くから遠くにコーチング&コンサルティングに出かけた。
年始から絶好調の私は、今日も調子に乗り、快調に仕事をこなしていた。

そんな最中、あることがきっかけで「どっか~ん」と落ち込んでしまった。
打ちあわせ中に話をするのが嫌になるくらいまっ逆さまに落ちた感じがした。
今思い出してもヒリヒリするし、別の打ち合わせをしていてもヒリヒリが止まらない。

「今起こっていることは、自分にとってどんな意味のあることか?」

「自分を見直すための良いきっかけに違いない。」
そのことが起こることで、下記のようなフィードバックを受け取ることができた。
①自分の仕事に対する姿勢
②自分の行動の結果
③自分に対する周囲の人の温かさ
改善して、もっと期待に応えられるようにしよう。

“意味を考える”と、自分の人生の中で起こっていることを冷静に受け取ることができた。
人生という大きな川の中ではその悩みはとってもちっぽけな物である。
その一方で、自分のありたい姿に向かうために、この上ないきっかけとなる。
コーチングをする上でも、人生という大河の中で、クライアントがどこからどこへ向かっていて、
今起こっていることは、その中でどんな意味のあることなのか・・・、
しっかりとコーチしてあげたいと思った。

さらに、そんな自分を笑い飛ばす、余裕やユーモアを持って生きたい。
先日、副島コーチ(神奈川)とのセッションで、自分のユーモアについて考えた。
苦手なユーモアも少しずつ、どのようなものなのかが明らかになってきた。
こちらも、近日中に公開したい。

ありがとうございます。
いろいろなことがあるけど頑張ります。

第8号:笑顔は伝染する。

今年に入って妙に調子が出てきた。

※この文章は一旦書いたものが消えていいた(改ざんされた?)ため書き直したものです。
 その時書いたのものとはかなり違っていて、ちょっと不満ですが・・・。
 自分のミスなのかもしれませんが、このようなことって起こるんですね。

「風林火山」のハートで、自分のありたい姿に向かって進んでいるような気がする。
其の疾(はや)きことは風のごとく、其の徐(しず)かなることは林のごとく、
侵掠(しんりゃく)することは火のごとく、動かざることは山のごとく・・・。
ちなみにこの言葉は、武田信玄が残したかのように言われているが、
実際は中国の兵法家である「孫子」のものらしい。

朝起きるのも苦痛ではないし、仕事でPCに向かうのもそんなに苦にならない。
「自分を楽にする」という自分軸に沿って生きることと「風林火山」は近いような気がする。
どのような点か近いかというと、下記の通りである。
①風のごとく仕事をこなすことが、自分を楽にする
②林のごとく静かに自分を振り返ると、楽な気持ちになる
③火のごとく熱いハートで生きていると、充実感があって楽しい
④山のごとく自分のポリシーを感じていると、動じることなく楽に生きられる
早く、熱く仕事をすることは、自分を楽にすることにつながるというのは大きな気づきだった。
よし、がんばろう。

今日お昼は、おすすめのセルフうどん屋に行った。
紹介で連れて行ってもらったお店ではあったが、妙に広くて、テーブルやイスの間隔が広く、
すかすかした感じだった。
セルフうどんの仕組みも、温めたうどんを渡され、天ぷらを乗せ、会計して、汁をいれるという、
最近のセルフうどんの典型のようなお店であった。
正直、店に入ったばかりの時は、今1つという印象を持った。

ところが、ちょっと並んでから、うどんを温めてくれるところに来た時に、あれっと思った。
うどんを温めている女性の笑顔にひきつけられたのだ。
もちろん、ルックスも良いのだが、笑顔がめちゃくちゃ良い。
心のそこからもてなしてくれている感じがした。
さらに、天ぷらを取って進んでいくと、一緒に行った社長に「最近しばらくですね。」と、
レジの女性が、セルフうどん店なのに本当に親しげに話しかけてきた。
今度は横から「そんなこと無いわよ。」「良く来てくださっているじゃない。」と、
別の女性の方が、満面の笑顔で近づいてきた。
さらに、「いつもありがとうございます。天ぷら付けておきますね。」とこそっといいながら、
いかにもあなただけというような雰囲気で天ぷらを乗せてくれた。

後で聞いた話であるが、最後に天ぷらを乗せてくれた女性が店主で、
その社長に、いつも他の店員の前でこんな風に言うそうな。
「この人がいたから、今のうちの店があるんだよ。」と感謝の気持ちを・・・。

知り合いを連れて行くと、たいてい名前を聞いて、次に行くと名前でお呼びし、
あなただけという雰囲気で、また、天ぷらをサービスするそうな。

さっきのすかすかした感じも、子供づれの家族にゆっくり楽しんで欲しいという願いを込めて、
テーブルやイスの間隔を決めたことらしい。
まさに、セルフうどん界のリッツカールトンといいたい。

「どうやったら、従業員の顔を笑顔にすることができるのだろう。」

①想いやポリシーを明確にし、表現すること。
②社長そのものがいつも笑顔であること。
③その笑顔で、お客様や従業員に感謝の気持ちを伝えること。

「笑顔は伝染する。」

私のようにいろいろな会社を変革させる人、会社の方針により組織を引っぱる社長は、
このことを胸に刻んでおく必要がある。
もし、組織の問題解決が進まない時は、自らに何らかの問題があると思った。
まずは、自分からやね。

おもいっきり満面の笑顔で言いたいです。
今日もありがとうございます。

第7号:100%でないほうがいいかも・・・。

今日は早く起きて、朝のすがすがしい時間にミーティングのある日だ。
朝早くから仕事をすると、昼過ぎには8時間労働となり、
夕方6時30分には12時間労働となる。

夕方に、「我ながら良く働いた」という満足感が感じられるし、
ざわついた感じがなく、静かで、ゆったりとした空気の中で仕事が出来るから、
私はこの時間にミーティングをするのが好きなのである。

朝調子がいいと、1日凄く仕事がはかどるような気がする。
その上、一旦転がりだすと、もっと仕事を早く、たくさんこなせるような気分になる。

「仕事のエンジンをかけるためにはどうしたら良いのだろうか?」

①できるだけ簡単な仕事で、かつ、完了感のあるものから始める。
②100%の出来映えを狙わないで、50%の出来でよいからまず仕事に取り掛かる。
③仕事が終わった時の自己満足感や、仕事の関係者の笑顔をイメージする。

今日はこの調子でもう2~3個仕事を終わらせようか・・・。
このことは、「自分を楽にする」に当てはまっているような気がする。
仕事になかなか手が付けられない時に意識的にやってみることにした。

「逆に、仕事にブレーキがかけられないくらい勢いがついたら・・・?」

それは、望ましい状態じゃね。
そんな状態にできるコーチングやコンサルティングが出来るようになりたい。
達成可能な目標があって、自分の得たい報酬(お金だけじゃない)がある状態だろうし、
気持ちよく継続しているからやめられないようになっている!?状態だろう。

今、ブログを書いている自分もそうかもしれない。
忙しいと、ちょっとつらい・・・。
でも、とにかく、力を入れすぎないで、始めることやね。

もっとみなさんから勉強させていただき、もっと自分の哲学を創り出して見たいです。
また、立ち寄ってください。
今日もありがとうございました。

第6号:継続する技術。

今日でブログ5日間続いたが、とうとう息がきれそうな感じがする。
明日朝早かったり、やりきれていないことがたくさんあるからだ。
3日坊主は聞いたことがあるけど、5日坊主というのは今までに周りで起こっていない。

今日受けた研修で、“続ける技術”というものを習った。
ポイントは3つだそうな。
①やるべき行動と得たい成果をハッキリさせる。
②行動の発生や成果の達成具合をカウントして見える化する。
③行動の発生や得られた成果を承認する。

「どうしたらブログを書き続けることができるだろうか?」

上記のステップで考えると、
①自分の想いや考え方をブログに表現していくことで、
 自分のコンサルティングやコーチングのスタイルを理解してもらうことができ、
 注目してもらったり、関心を持ってもらったり、出会いとなったりという成果が得られる。
 さらに、ブログを読んで、あきらめがなくなったり、熱く生きるきっかけになったりして、
 生きる喜びの渦が広がるという、更に大きい成果が生まれる。
②ページに表示されるブログの件数そのものが増える、
 あるいは、アクセス数やコメントなどが増える。
 これは、目に見える成果であり、結構励みになる。
③良く続いているね、とか、面白いね、とか、共感したなどの励ましの言葉をいただく。
 これは、ひょっとしたら自分が一番求めていることかもしれない。
 こういったメッセージをいただくと自尊心が高まり、自分にOK、
 周りの人にもOKを出せるようになるし、もっと同じ感情が欲しくなる。

そういえば、ミーティングで「良いコミュニケーションを続けることは難しい。」とか、
「改善し続けるのは難しい」という意見をよく聞く。
上記のステップに当てはめて考えると何が足りないのか見えてくるかもしれない。

そういえば別の話だが、ノンアサーティブな人への過剰反応という自分の課題がある。
ノンアサーティブな人というのは、攻撃・不平不満・沈黙タイプの3つに分かれるそうな。
人の意見を否定したり、沈黙したり、攻撃したりして、我や自尊心を守る人のことだ。
これを説明し始めると、ストレスを感じるので、今日はやめておこう。
たまには、コンサルタントやコーチらしく理論的な話もいいかもしれないけど・・・。

最後に今日「“おきにいり”にいれたよ。」という言葉をもらった。
第6話が書けたのはこの承認のメッセージがあったからこそではないかと今気がついた。
ありがとうございます。とにかく感謝です。

第5号:悪いイメージを吹き飛ばす。

今日から外での仕事を開始しました。
うちから出て外へいくといろいろな刺激でイッパイです。

年末お会いしてから1週間ぶりとはいえ、懐かしいような、ほっとするような・・・。
同じ時間を生きている人と再会できるのは幸せなことだと思いました。
いつも受け入れていただきありがとうございます。

さて、とはいっても1週間家族の輪の中だけで過ごしてきた“もやし”状態の自分は、
“あきらめを無くす”コーチングを提供するといいながら、我がでしゃばって話が聴けない。
イライラするほど→が自分に向いてしまう。
→を相手に向けようとすると、とんちんかんな質問や話をしてしまったりする。

コンサルティングだったらいいじゃないかなどと自分に対しての言い訳もしながら、
自分のしゃべりたい事をしゃべったり、自分が知りたいことの質問をしたりする。
相手に対して120%の好奇心や熱意をもって接することができていない。
熱く生きてもなければ、勇気・行動・感動の提供とも程遠い。
コンサルティングだってちゃんと聴けないと良いサービスはできないぞ!!
といって、できない自分を責めると、「自分を楽にする」に反してしまうし・・・。

「悪いイメージを吹き飛ばすにはどうしたらいいのだろうか?」

未だこの答えは出ていないが、良いイメージを取り戻すのが先決だろう。
①良かった時のセッションを思い出してみる。
②もっと自分のミッションをかみ締めてから人と会う。
③悪いイメージや気になることを“そんなの関係ねー”と吹き飛ばしてみる。
④「いつもうまくいくべき」という信条を緩めてみる。
⑤そんなときもあるさと自分を許してやる。

熱いものと、ぬる~い感じがするものが混じっているような気がする。
とりあえず、「熱く生きる」ところと、「自分を楽にする」の両方を取れないだろうか。
だんだん訳わからなくなってきた。
とりあえず、寝よう。

このブログが何かのヒントになれば幸いです。
やった。3日坊主を越えることができました。
ありがとうございます。

第4号:「自分を楽にする」に沿って行動する。

おはようございます。
朝起きてお正月気分でいられるのも今日までかと思うとちょっと寂しかった。
ちょっと胸の奥のほうに冷たい雲のようなものがかかっている感じだ。

「この寂しさは、どこからきているのだろうか?」

まず朝起きてパソコンをいじりながら、耕之助を起こし4日連続のマラソンにでかけた。
ちょっとスタートが遅れたので、自分の機嫌が斜めになっているのを感じながら走り始めた。
走っているうちに耕之助のペースが上がり、私の祖父のお墓までほぼノンストップで走った。
一生懸命な横顔に胸が熱くなった。

そのあとは、昨日から手がけているコーチング研修のテキスト作り。
今回のテキスト作りは基になるネタも決まっているので、ストレスもなく、
妻と子供が遊んでいるリビングで、家族のいる空気を感じながら作業した。
子供の甘えたり、笑ったり、怒られてシュンとなったり、
普段外で働いているとわからない、いろいろな思いや感情が感じられた。

寂しさは子供や家族との触れ合う時間がなくなることから来ていると感じた。

今年の自分軸は「自分を楽にする」だったが、今日のリビングでのテキスト作りは、
無理やりデスクに向かうストレスも無く、将来必要となる工数を少なくすることができた
非常に充実した時間だったような気がする。
自分は、「仕事は仕事、遊びは遊びと分けるべき。」という信条を持っていたが・・・。

自分軸に沿った行動とはいえ、正月休みを返上した仕事である。
「自分を楽にする」とは、う~ん、ちょっと矛盾を感じるが、オーケーとしよう。

「もっと自分を楽にするには、どんな方法があるだろうか?」

いや、その前に、
「楽になった自分はどんな状態なのか?」

どんどんブログが長くなってしまうので、この辺でやめておこう。
ブログがセルフコーチングの場になってきた。

おかげさまで、今年ブログで、3日坊主と肩を並べました。
ありがとうございます。

第3号:今年は「自分を楽にする」を自分軸にしよう。

おはようございます。
にしやんです。
昨日からブログを本格的に始めた訳だけど、良く考えてみると、
前日の日記を書くという流れになってしまった。
修正すべきかどうか・・・。
できるだけ夜書くようにしよう。
(今回は、まっ、しょうがないか・・・)

昨日は朝起きて耕之助と幼稚園までのマラソンコースを一緒に走った。
ついに3日間続いた。
耕之助の頑張る姿や笑顔を見ていると充実感が湧き上がってきた。
その中で、自分の価値観や信念と合わないことがあると、
その時、瞬間的に子供を怒り飛ばしているということを強く感じた。

走りながら、改めて考えたことがある。
「今の自分が学習できる最も重要なことは何か。」

その1
「何かを選ぶということは、何かを捨てるということ。」
そして、捨てる時はできるだけ、「思いっきり捨てたほうが良い。」ということ。
やるときは、「思いっきり覚悟を決めてやる。」ということ。
私には子供との時間や身体を鍛える時間が力を与えてくれる。

その2
「刺激に即反応しない。」
目の前に起こった事象が自分の捉え方ではたとえ最悪なことでも、
相手は間違っているわけではなく、今それが必要なんだと、
ひと呼吸おいて感じてあげられたらどうなるだろうか。

その3
「相手も自分も許してあげること。」
相手も自分もまっすぐに信じ、許してあげることが必要だ。
私は、常に一生懸命でなければならないという信念がある。
でもそのことが、忙しすぎる状況を生んだりする。
以前、目標設定コーチングで「もっと楽になりたい。」と言ったのを思い出した。
元旦の計を実現するには、「楽にする。」という目標を持ってみよう。
サボタージュが起こらないように、もっと楽しんで、楽しなきゃ!!

フィードバックを受け止めること自体が難しいのに、
微妙なニュアンスをつかんで、自分をコントロールしていくのは、
至難の業のような気がする。
1個ずつだね。

こんな私でもきっと“熱く生きる”自分になれるし、
こんな自分だからこそ、周りの人の“あきらめを無くす”ことに貢献できるはず。

独り言にお付き合いありがとうございます。
また、お目にかかりたいです。

第2号:元旦の計を立てる。

新年明けましておめでとうございます。
“にしやん”こと西田和英です。
本年も宜しくお願いします。

元旦の計を立てるといっても、早くも1月5日になっておりました。
去年の年末から今年のお正月にかけてはいろいろなことあり、
お餅つき、年賀状ソフトの不調、妻のダウンと耕之助・龍之助の食事・洗濯・遊び相手・・・、
結局、年賀状を書き終えたのが3日になったのでした。
4日にはこれじゃあいけないと仕事にかかり、5日朝ついに元旦の計ということでブログを書く気になったところです。
1年頑張ってきた妻に感謝すると共に、たくさんのやり残しを感じている今日この頃です。

「今年の大晦日をどんな状態で迎えたいか?」

どんな感じかというと、
①冴え渡る空気のようなスッキリとしたやりきった感 (自分への肯定感かも・・・)
②人との縁や家族の健康に恵まれたあったか感 (人とのつながりを感じ、後悔がない状態か・・・)
③来年への期待で胸があつ~い感 (自分のミッションをもっと強く感じている)

書いているうちにだんだん“熱く”なってきた。
みんな自分らしく、なりたい自分や、やりたいことを“あきらめず”に頑張っていこう。
まずは、自分が誰よりも“熱く”に生きてやるぞ。

ということで、他にもあるけど、また書きます。

読んでくださったかた、ありがとうございます。
またお会いしたいですね。

第1号:西田和英が勇気・行動・感動のブログを開始します。

エヌティ・クリエイト代表取締役の西田和英です。
はじめまして、どうぞ宜しくお願いします。
現在私は経営コーチとして活動中です。

タイトルにもあるとおり、私は次のような価値を提供しようと思っています。
・安心して話が出来る安全な場
・ありたい姿に向かう行動の変革
・一生懸命の感動

このブログの中で自分の体験とその中で感じたことを通じて、「あきらめ」をなくし、
「生きる喜びの渦」を作り出す一石となれるよう頑張っていきたいと思います。