タグ: 新規タグの追加

第467号:求められる

今日は午前中は家族で厄除けに行った。

私の数え年の41歳、つまり、前厄のお払いと、娘の1年のお参りである。

イラチな私は、少々イライラした気持ちを感じながら、準備をして出発した。

現地に着いてからも、そのイライラはなかなか止まず、

息子たちがあまりにいうことを聴かないので、おこるばかりしてしまった。

そして、お払いをしてもらった。

いつもは静かな気持ちになるのだが、どうもざわざわして落ち着かない。

まさに厄年の幕開けのような感じがした。

昼からは、尊敬するファイナンシャルプランナーで営業コンサルタントの方とあった。

そして、東京で活躍している女性のカウンセラーを紹介してもらった。

最初は売り込みの一方でなんとなく嫌な気分になった。

こちらには関心を持ってもらっていないと感じたのだろう。

よく考えてみると、自分が一方的にしゃべる場合と、

相手が一方的にしゃべる場合と両極端なコミュニケーションが多いことに気が付いた。

でも・・・、別の視点なのだが、

東京で営業していた時はこのくらいの押しがあったかもしれない。

岡山から帰って来てからは、相手とのビジョンの共有をとても重視している。

だからこそ、話をよく聴くようになった。

岡山弁で、「自分のことばーじゃー。」という声が怖くて、

それから、父が「相手がなにゅーしょーとしょーるんか聞かんと。」という、

とても岡山県人らしい発言をもらってからというもの、聴くことを大切にしている。

結局、仕事を一緒にすることになった。

少しずつ、人となりが分かってきたからかもしれない。

でもやっぱり、僕の事にも関心を示して欲しいのー。

今日も自分を承認する。

自分の心に起こっていることをしっかりと味わうことができたね。

と言ってみた。

苦しかったね。

と返ってきた。

自分が人から求められているという実感を思いっきり感じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

第463号:神様!

今日は、来年度の最大のプロジェクトの面接を行った。

初めての経験だったので、少々不安になったり、心配になったりしたが、

なんとか無事に終了することができた。

感想であるが、一言で言うと、「うれしい!」であり、

それは自分自身のよろこびであると強く感じた。

何がうれしいのか。

面接を受けている方々の熱い想いや、魂の震えを感じることができたことである。

その向こう側にあるものは、人を本当に助けたいという想いであったり、

自分自身の力を信じて挑戦したいという想いであったり、

前向きで、純粋なエネルギーを感じたことである。

こんなエネルギーのどんなことが私は好きなのだろうか。.

 

ひたむきさ?

あきらめないこと?

出来ると信じること?

歓喜!!の場面を、夢見て、心からそうなりたいと思うこと。

中学校時代に、一度でもいいから表彰台にと思い焦れていたのを思い出した。

その想いは、優勝したくてしたくて、いてもたってもいられないくらいだった。

「神様! どうかお願いします。」と心から思っていた。

願っても願っても叶えらなかったその想いがかなった瞬間が今でも蘇る。

こんな喜びをこの世の中に広められたなら・・・。

私自身の生きる喜びが大きく膨らむように感じる。

この取り組みは、私が今の仕事に至るまでに経験した、様々なことを伝えられる。

それは、私、西田の人生のメインテーマである、

「あきらめを無くし、生きるよろこびの渦を創る」を具現化でき、

私が生きて存在している意味が強く感じられる取り組みである。

今日も自分を承認する。

自分が大切にしているコトを忘れることなく、

もっともっと自分のモノにすることができたね。

と言ってみた。

もっともっともっと、目の前にいる人の歓喜の場面を出会うには何ができるかな。

と返ってきた。

コーチングだの、コンサルティングだの言わずに、

一緒に喜びあいたいという想いを伝えられる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

第395号:2010年元旦の計

新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いします。

昨年、途中からこのブログもストップしておりましたが、

今年はほぼ毎日更新ということでスタートしていきたいと思います。

 

振り返りますと、昨年はエヌティ・クリエイトにとって激動の一年でありました。

森田と一緒に取り組んできたコーチングのセミナー、

筒井が学んできた産業カウンセラーや技術経営の知識を活用した取り組み、

そして、岡山大学インキュベータに入居し、ペルソナ&シナリオ手法、

さらには、地域資源と農商工連携の支援など、

様々な分野での取り組みが開花したことがとてもうれしいかったです。

お客様やコンサルティング・研修を支援してくださった方々が存在していたから

今を迎えられたと思います。

本当にありがとうございます。

 

更に今年は、“人間中心アプローチ”をさらに推進し、

お客様、経営者、従業員の喜びを生み出していきたいと考えています。

そのために、エヌティ・クリエイトとして初の営業社員の野崎、

それから、ペルソナ&シナリオ手法を進めるための助っ人を迎え、

新たなサービスを生み出すべく、戦略ミーティングを実施しているところです。

新たなエヌティ・クリエイトにどうぞご期待ください。

 

経営の環境は更に厳しくなってきました。

デフレ経済の進展と少子高齢化という人口動態の変化、円高の進行、

その中で、産業の構造そのものが変化していると感じています。

このような中で、本当に必要なものは何なのか、

今しなければならないことは何なのか、

そして、私たちエヌティ・クリエイトのメンバーにできることは何なのか、

その問いを常に持ち続け、役に立てる会社でありたいと思います。

 

そのために、私も元旦の計を立てました。

トリプルUです。(なんか、どこかで聞いたいことのあるような・・・。)

悠 : いつも泰然自若としていて、相手と自分が本当に望んでいることを常に感じ、動じない

遊 : 常に好奇心や遊び心をもって事に当たり、楽しく、そして、ユーモアを持っている

勇 : 即断、即決、即行動し、心にはいつも相手の望みへの純粋な想いがある

一昨年、このブログをほぼ365日書き続けた時には、風林火山という元旦の計を立てて、

とても効果があったのを思い出しました。

 

自分自分というのではなく、本当の目の前にいる愛すべき人のために存在できる私でありたいです。

本年もよろしくお願いします。

第379号:存在の意味

今日はマッチングプラザというイベントに参加した。

当社の大切なクライアントである企業のブースに間借りして、

コーチングや経営コンサルティングのチラシをまいたのである。

昼前には、先日、我が日本大学の後輩から突然の研修の依頼があり、

それに対応すべく、商談に向かったのである。

 

創業して約7年半くらいだろうか。

そして、仕事の量がどんどん増えてきて、忙しくなってとてもうれしい。

逆に、忙しくないと心配で心配で仕方がなくなる感覚や、

休んでいると悪いことをしているような感覚がある。

今日はもちろんクライアントの支援という大切な仕事なのだが、

すっきりとしない感覚が残る。

 

「何がすっきりしない感覚を生んでいるのだろうか。」

  1. 自社の付加価値を生んでいないこと
  2. 売上に貢献していないこと
  3. 自分を100%生かせていないこと

書いていて感じたのだが、物の捉え方だと思った。

自分がそこにいることで、いろいろな効果を生んでいるはずなのに、

プラスの点をしっかりと感じられていないと思った。

「どうすれば、もっとその場にいる価値を高められるだろうか。」

  1. 自分が具体的な目標を持って、そこに集中する。
  2. 来場者に商品の魅力を届けるという目標
  3. アンケートの回収目標
  4. スタッフを育てるという目標

瞬間的に自分の役割や責任をしっかりと感じればよいのである。

そして、何をどうするかという計画を持つのである。

この仮説と検証を繰り返し、微調整を重ねることが成長につながると思った。

そういう面では、私が話しかけた時のスタッフの笑顔が特に印象に残っている。

 

今日も自分を承認してみる。

「ひとりひとりがそこにいる意味をしっかりと感じてあげられたね。」と言ってみた。

「もっともっと、命を膨らませてあげよう。」と返ってきた。

ひとりひとりの存在を値引することなく、100%でかかわれる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

第375号:再スタート

早いもので、ブログを中断してから、約4ヶ月がたってしまった。

書けなくなってしまった理由には色々とある。

  1. 愛用していたデルのノートパソコンが壊れてしまった
  2. 新しいパソコンの無線LANへの接続ができなかった(未だに・・・)
  3. 新しい受注があり多忙となった
  4. ブログを書くモチベーションがあがらなくなってしまった

特に私として重要なのは4.であり、それらのものは4.を増長するような形である。

ブログを書くモチベーションという点で振り返ってみると、次のようなことがいえる。

  1. 一生懸命に書いてもアクセス数が伸びなくなってしまった
  2. 一回停滞してしまって、毎日書いていたものが滞ってしまった
  3. ホームページのリニューアルが重なり、完成してから・・・と思ってしまった

最近になって思うことだが、自分の今の状況を振り返ること、

そして、発信することを怠るようになってから、大事な幹がぐらぐらと揺れるように感じる。

自分の思いやあり方、つまり、アイデンティティを失ったようにも感じる。

その結果として、自信もなければプライドやモチベーションも下がってきたように感じる。

 

その一方で、第3子である喜子ちゃんが生まれたり、

FM岡山で森田恵子ちゃんの番組に登場したり、

ペルソナ&シナリオ手法による新商品開発プロジェクトが立ち上がったり、

と新しいことがたくさんある。

私は再び、自分を取り戻すためにブログを書きはじめたいと思っている。

そんな今日にしたい。

 

今日も自分を承認してみる。

「今の状態を冷静に振り返って、もう一度、自分のありたい姿に向き合えたね。」

といってみた。

「きっと間違っていないよ。」と返ってきた。

こんな私ですが、この世の中を愛とよろこびで満たしたいと叫んでいいたいです。

今日もありがとうございました。

またお会いしたいです。

第374号:できない自分。

昨日取り組んできたキャッシュフローの数字がどうしてもあわないので、
午前中は机に座り、たまに目を瞑ったりしながら、ずうっと唸っていた。
そうしていると、色々な感情が湧いては消えていった。

「できない自分のことをどう思っているのか。」

  1. 数字に弱い
  2. こらえ性がない
  3. 変わることができない

こんな風に思っていると、だんだん無力感が沸いてきて、
つらくて、暗くて、もうどうしようもなくて最悪な気分である。

「こんな気持ちのとき、どうしたらいいのだろうか。」

その課題に立ち向かうということも大切なんだが、テニス部の時のように、
体を使ってエネルギー全開であればよいというものではないような感じがする。

もちろん、私の価値観や経験からすると、無駄なことでも思いっきりやれば良いが、
それだけでは、解決できないことが多いように思う。

そんな時は、工夫することが一番ではないかと思う。

今日は、ここまで。
この後、インキュベータに入ってまた出来れば続きを書きます。
ではでは。

第373号:強み中心。

今日は懸案となっていた連携関連の係数計画を提出する日だった。
仕事量としては多くはないのだが、その様式に入っている計算式が複雑で、
また、数字そのものも色々な資料との関連を見たりする関係で、
非常に難しい仕事である。

とはいっても、朝は顧問先でのコンサルティング、昼からはISO取得支援の仕事である。
係数関連の仕事が気になるし、問題が良くわからないし、それから、報告書関連、
最近ブログも全く書いてなく、こちらの方も気になって、エネルギーを奪われていく。
かなり、色々と検討したのだが、結局、係数計画があわないその答えは見つからなかった。

じっと色々と考える。
紙に出力して、誤差が表れているところを探ってみる。
それから、キャッシュフローの動きに関連する取引の内容をひとつずつチェックする。
計算式の間違いをチェックしてみる。

だんだん、どこまで確認できたか、いいのか悪いのか訳がわからなくなり、
結局、ギブアップしてしまった。
わからないことがあると、眠たくなったり、目が痛くなったりして、
おかしくなってしまう自分がいるのに気がついた。

経営コンサルタントとして、こんな不況の中である時に、
損益、貸借、キャッシュフロー計画がしっかりと緻密に立てられるようになりたいと思った。
そうすると、もっと、企業の課題にワンストップで取り組むことが出来るし、
企業に安心や安全を提供することが出来ると思った。

今日も自分を承認してみる。
「難しい仕事でも、お客さんのため、そして、自分の能力のために必要だと思えるんだね。」
といってみた。
「優先順位をちゃんとつけて、取り組んでみたら。」と返ってきた。

自分の強み中心で、それを生かすことの出来る自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。
またきてくださいね。

第372号:浅い。

今日は早朝ミーティングだったし、その上、非常に難しい案件の日であった。
なので、若干、気の重たさを感じながらの出発となった。
その上、急な打ち合わせの連絡が入ってきた。
この打ち合わせは、私にとってはとてもうれしいものではあるのだが・・・。

というわけで、ISO取得支援2件、経営革新(連携による)、研修打ち合わせ、
顧問先での相談という一日だった。

そんな中で感じたことは、自分の余裕のなさである。
一つ一つの打ち合わせが時間が少なくて、なんとなく、その人とのつながりや、
課題に対しての深みが少なくなってきているように感じた。

その場にいるときは、課題に焦点を当てるというよりは、
その人の気持ちに焦点を当てたり、その発言の意味を感じたりしている。
だから、その場がどちらに向かっているのかがわかる。

そして、過密スケジュールにしていると、余裕の時間が少なくなるにつれて、
だんだん自分のハートに意識が向き始めて、周りのことも自分自身のことを味わえなくなる。
そうすると、かみ合わないことを言ったり、いらいらして結論を急いだり、
人の気持ちを踏み潰したりした状態で、前に進んでしまうのである。
味わい深い時間にするためには、余裕が必要だと思った。

そして、夕方には緊急雇用対策のセミナー関連で、
父が働いていた総社市にある工業団地組合のある企業に打ち合わせに行った。
コンサルタントグループの師匠からの紹介で訪問したのだが、
たまたま商工会議所青年部の関係で社長にもお会いしていたこともあり、
とんとん拍子でコーチング研修の話が決まった。

こんな風に考えていると、自分の力を信じることは非常に大切なのだが、
それより今回は、父の力は絶大なものであり、自分が守られていることを強く感じた。

そして、子供の頃、忙しい中、プレス工場に連れて行ってもらった時の
びっくりするくらい大きなプレス機械とその爆音、油のにおいが思い出された。
それ自体には興味はなかったが、遊んで欲しかった父と一緒にいることの喜びが蘇った。

さらに、コミュニケーション研修の内容について話をしていると、
父の「自分の勝手なことばー、ゆうたらおえん。」という言葉が思い出された。
全てではないが、今の自分の基本に父の考え方があるということが確認された。

浅く生きるのではなく、しっかり余裕を持って、
深くいろいろなことや気持ちを味わいながら生きられるようになりたいと心から思った。
そうすれば、よろこびも悲しみ、そう、生きている実感がもっと感じられるようになるだろう。

今日も自分を承認する。
「今の自分のプロセスと感情について、しっかりと向き合うことが出来たね。」
「もっと自然に、流れに身を任せて、そして、もっと深く感じたいね。」と返ってきた。

心のわずかな動きも感じて、深く味わえる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

第371号:自分を叱る。

今日は成人の日であり、祭日である。
世の中は休みなので、私も気分だけは休みになっている。
そんな気分が休みの中で、早朝ミーティングに出かけた。

というわけで、新規事業コンセプトの策定、ISO運用支援、鍛える師匠との打ち合わせ、
そして、今週末のビジョン・コーチングのシュミレーションと打ち合わせだった。

特に新規事業のコンセプトワークにおいては、いろいろなアイデアがあるが、
全く顧客の状況が見えない中で、すっきりしない状態が続いていた。
市場関連データを探してきて読んでみても全くすっきりしない。
当たり前のことが書いてあって、自分のビジネスに必要な視点がかかれていないのである。

社長と一緒に悩んで悩んでやっとひとつの答えを見つけることが出来た。
その瞬間に、社長の表情がぱっと明るくなり、今までの眉間のしわがなくなった。
私の喜びの瞬間である。
正直、非常に難しいテーマであるし、思い切った意思決定なので、
余計にそのすっきり感は強かったようである。

そして、昼からは鍛える師匠と打ち合わせをしたが、
相変わらず、次から次へとさまざまな提案と、情報の整理が続き、
いつも人のことはやっても、ほったらかしの自分のことを進めることができた。
本当に感謝である。

コーチングや創業塾に関連する商品は一歩ずつ確実に進んでいるのだが、
ペルソナ&シナリオに関しては全く進まず・・・。
自分の力のなさや、時間の活用方法について問い直したいと思った。

そして、今週末に行う予定のビジョン・コーチング宿泊セミナーの打ち合わせと、
一部欠席者のための補講、そして、シュミレーションのためのミーティングを実施した。

鍛える師匠は残念ながら帰ってしまったのだが、
かわいい師匠とマイコーチであるしんちゃん、
そして、受講生である岡山トップFPの3名でスタートした。

正直な話、今日も自分のコントローラ心に火がつき、
自分の説明不足や手際の悪さが原因であるのに、イライラしてしまった。
自分がコントローラーであることに気がついているにもかかわらず、
まだまだ、自身をコントロールできていない自分に嫌気がさした。

「どうしたら、もともとの受容的な自分に返ることが出来るのだろうか。」

  1. いつでもコーチであり続ける
  2. イライラが発生しないような場所や人を選ぶ
  3. 未完了を減らして、自分自身に余裕を作る
  4. 懐が広く受容的な魅力的な自分をイメージする
  5. どんな時でも100で生きる

中途半端な自分が目の前に現れた。
思いっきり叱り飛ばしてやりたいと思った。
これも自分に対しての愛かもしれない。

今日も自分を承認する。
「自分を叱り飛ばしてでも、魅力的な自分に近づきたいんだね。」と言ってみた。
「自分への弔辞を思い出して、くいのない人生にしてみろよ。」と返ってきた。

常に胸を張って、背中で思いを伝えられる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

号外7:年賀はがき抽選発表

エヌティ・クリエイト
「新春のよろこびプレゼント 当選番号の発表」

[おめでとうございます]

■当選番号による「これだっ!」という書籍プレゼント

厳正な抽選の結果、以下の番号の方が「新春のよろこびプレゼント」に当選されました。
本当におめでとうございます。各々の担当者が「これだっ!」と思う書籍を送らせていただきます。

かず賞  各組共通 下二桁が【12】

けいこ賞 各組共通 下二桁が【16】

鉄じぃ賞 各組共通 下二桁が【88】

当社から送らせていただいた年賀状の表面(宛名面)下部にある当選番号が以下の番号に該当する方には、各々の各賞を贈らせていただきます。当選された方は、そちらの宛名及び番号部分が分かるようにFAXでご連絡くださいませ。ご連絡いただいて、発送までには概ね2週間程度かかる予定です。

■お申し込み先着順によるサービス・モニター・キャンペーン

HCA賞 ペルソナ&シナリオ手法を活用したマーケティング・プロジェクトの特別価格モニター!
(先着3名様、1月あたり5万円×3ヶ月=15万円、新商品・販売促進が対象、詳細は別途。)

コーチ賞 今話題のパーソナル・コーチングの無料お試し期間プレゼント!
(先着5名様、電話セッションにより1月当たり45分×3回、担当コーチと詳細は別途。)

お申し込み先着順によるサービス・モニター・キャンペーンにご応募の方は、
お名前(企業名・担当者名)、連絡先(住所・電話番号・ファックス番号)を明記の上、
FAXまたは電子メールでご連絡くださいませ。
ご連絡いただいて、連絡までには概ね2週間程度かかる予定です。

FAX送信先(エヌティ・クリエイト)
086-201-3819

電子メール送信先(エヌティ・クリエイト)
info@ntcreate.co.jp

連絡有効期限 平成21年2月27日(金)

↓↓↓↓↓以下、エヌティ・クリエイトの人間中心アプローチ(HCA)とサービス概要です。

■経営理念

「協働により、人と企業に愛とよろこびを提供する」

■新経営コンセプト

「人間中心アプローチ(HCA:Human Centerd Aproach)」

私たちと関係をもつすべての人のよろこびを追求する
顧客の満足、従業員の満足、経営者の満足で構成される

■私達自身

私たちは、勇気、行動、感動を生みだす人である

■サービス基準

私たちは、愛と尊敬と祝福にみちた言葉づかいをします。

私たちは、個々人にとっての真実を否定することなく受け止め、
その価値観の違いを受け入れます。

私たちは、まっすぐに人を信じ期待と安心感を創り、そして、想いに対して純粋であり続けます。

私たちは、業務についてはサービス提供者としての責任を持って行い、
より多くの学びが得られるよう、一切の障害を排除します。

私たちは、顧客の声に常に耳を傾け、言葉にならない声も含めて、
自分のこととして受け止め、消化し、改善し続けます。

■顧客満足のためのプログラム

ペルソナ手法とシナリオ手法の組み合わせで、特定の人(=ペルソナ)には必ず売れる製品、あるいは、販売の仕組みを創り上げます。ポイントは、多様化する顧客ニーズやウォンツを明確にし、製品とサービスを利用することにより起こる感情を追求します。

・HCAによる新商品開発プロジェクト
・HCAによる販売促進プロジェクト

■従業員満足のためのプログラム

コーチング・コミュニケーションをベースに、従業員の価値観やニーズを理解し、
愛とよろこびを提供するための仕組みづくりや教育プログラムを提供します。
人が人を理解することにより、安心感と信頼感を醸成し、勇気・行動・感動を提供することにより、
確実な組織の変革を引き起こします。

・目標管理コーチング
 (管理職や中堅社員のやる気作りための個人コーチング)
・コーポレートコーチング
 (グループ・コーチング等を活用した、やる気作りと不満解消のためのコーチングの仕組み)
・目標設定・問題解決会議
 (当社コンテンツによる社内の意思統一と行動変革のためのプログラム)

■経営者満足のためのプログラム

・エグゼクティブ・コーチング
 (経営者の想いを重視し、意思決定を支援するための個人コーチング)
・ビジョン・コーチング
 (自分の想いと夢、そして、自分を妨げているものを明らかにし、自己変革を行うためのプログラム)

■上記のプログラムの活用によるプログラム

・経営革新計画(新規事業計画)の策定と実行
・5S活動や品質向上などの現場改善
・ISO9001を中心としたマネジメントシステムの導入と活用
・セールス・コーチング(営業のためのコーチング)
・ホスピタリティ・CSのためのマナー&コミュニケーショントレーニング
 (森田恵子他、女性アナウンサーによる)

■最後に
すべてのプログラムは、人間のよろこびを生み出し、生きる意味や価値を創造するものです。
そして、私たちは愛を持って、優しく、そして、厳しく、人と企業を成功へと導くことを約束します。