第515号:全てかける

今日はある大学の講師の仕事であった。

正直、大学の仕事は手ごたえが感じにくく、私は得意ではない。

その感覚を味わってみると、色々な気持ちが出てくる。

 1.伝わっているか不安になる

 2.一生懸命でないことに対して、イライラする

 3.自分の力が及んでいないことに対して、自分が信じられなくなる

このようにいろいろめぐらせてみると、自分の価値や信条とのギャップがある。

また、私が改善すべき点としては、相手の想いを一旦受け止めること、

それから、勉強している学生が望んでいる情報を詳細に伝えること、

その上で、自分が伝えたい、仕事に対する厳しさや思いやりの心を

伝える必要があると思った。

夜は若手後継者育成事業ということで、ビジョンコーチングを実施した。

実現したいこと、過去の経験のなかから自分を見つめること、

そして、今に縛られることなく理想を語ることが大切だと改めて思った。

「小学生の時の気持ちが戻ってきた」という言葉をもらったとき、

涙が出るほどうれしかった。

きっとそれは、その人の今までの生き方を承認できたからだろう。

今日も自分を承認する。

あきらめをなくすこと、そして、そのために自分ができる全てをかける。

そんな強いハートを取り戻すことができたね。

といって見た。

強行突破や、勝ち負けではなく、しっかりと自分の存在を感じられたね。

と返ってきた。

今自分が生きている使命を感じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
 

トラックバックURL

コメントを書き込む