第500号:生きるために

今日は記念すべき第500号である。

といっても、号外を含めると既に超えているのだが・・・。

途中で1年くらい休んでしまったし、今もなお遅れ遅れである。

でも、思い出しながら書くと学習が進むように感じる。

自分の学びにつながっていて、うれしい。

今日は早朝ミーティングでスタートした。

ISO9001の審査フォローについてである。

2008年版になっていてその教育も兼ねて実施したが、

ISOの運用について新しいアイデアが生まれたり、企業の改善が生まれたり、

とても有用な時間になって、うれしい。

その後、大学院に行き、初めてのレポートに関する発表があった。

要約と感想と言うテーマだったのだが、

自分の要約のしかたが間違っているというか、

まずいということに気がついた。

この要約と言うのは、本に書いてある重要なことを短くまとめるというものである。

基本は原文に忠実にということと、ポイントを明確にするということが大切だ。

ある意味、事実に関して記述するということである。

さらに、その本に書いてある事実についての感想や意見を伝えるというものである。

この要約と意見をわけて論文を書いたり、意見を伝えたりすることが、

とても良いトレーニングになると感じた。

要約は自分にとってもっと足りないスキルを補えるものだと思った。

大学院は自分が最も苦手なことを要求される場所だと感じる。

これを乗り越えた時にどんな自分になれるのか、それをモチベーションに頑張りたい。

今日も自分を承認する。

忙しい中で曲りなりにも宿題をやって提出することができたね。

と言ってみた。

もっとクオリティに対して厳しくなってみたら。

と返ってきた。

どんなことに対しても積極的で、その結果に満足できる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

もっともっと、生きるよろこびを創るために生きていきます。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

This article aceivhed exactly what I wanted it to achieve.

コメントを書き込む