第497号:ディスカウント

今日はある支援機関に対するコンテンツ&プロモーションの打ち合わせ、

午後からISOのマネジメントレビューに関する打ち合わせだった。

今日の中で感じたことは、少しでも良いものにしたいと思い、

本気になることが逆に相手に迷惑がかかることがあるし、

本気になればなるほど、人や組織の力が、みごとに膨らむことがある。

今日はその両方を感じたのである。

いろいろな企画を進めていく時には、関係者の問題点や意識を聞く。

その中で特に重要なのは、推進力や抑止力、そして、個人の思いである。

これらのことが解らなければ、聴かなければならない。

でも、聴いて行くうちに、担当者個人が自分を守りたいという想いや、

それから、楽したいとか負けたくないという考えなどが出てくる。

それは、理念や方針からすると、取るに足らないようなことであることも多い。

決してその人が間違っているということがいいたい訳ではないが、

組織の有効性と言う視点で見た時に、それは間違いと言わざるを得ない。

その気持ちがあることが組織では悪いことなのである。

そんな気持ちを引き起こさないように、ヒアリングをすればよいのだが、

ディスカウントを間に挟んでしまうことがある。

そうすると、聴いている方がやる気がなくなったり、腹が立ったりして、

その打ち合わせ自体が台無しなものになるのである。

お互いに気持ちを通じ合い、理解し合う中で進めていく必要があると思った。

もしそれが叶わないのであれば、仕事をしなければいい。

少しでもお互いを尊重し合いながら、良い結果に向かいたいのである。

そして、率直に伝えることが、コーチとしての自分のあり方だと思う。

相手のことを思って伝えるし、今後もそうあり続けたい。

一方、一緒にいるだけでも前向きになれたり、問題点に対して率直で、

かつ、その解決に向けて純粋でいられる関係もある。

私はそうなるために、コミュニケーションを続けなければならない。

協働のよろこびを生み出すことが使命だから・・・。

今日も自分を承認する。

相手の課題を解決することに真っ直ぐで、純粋でいられたね。

と言ってみた。

ディスカウントされた時には、少し熱くなっていたね。

と返ってきた。

率直であると同時に、相手の感情を味わえる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む