第493号:4つの指針

今日はインザボーンズ2日目である。

昨日、心が動かなくなってしまったので、

何となく今日は消極的な気持ちで研修室にはいった。

そして、プロセス風のスペースチェックだったと思うのだが、

口に出してみて、輪の中とリーダーの受入感が感じられなくて、

さらに、消極的な気持ちが拡大していった。

何とか気を取り戻そうとしたけどとても難しい。

鶏のゲーム等をして、本題に入っていった。

なんでも、インザボーンズと言うのは新しいスキルは全くない。

要するに、今まで学んできたフルフィル、バランス、プロセスを統合し、

本来の自分を取り戻すために、本気で相手と関わるということを体験するのだ。

何人かの方は、かなり本気モードに突入していて、

力いっぱい押し合いしたり、取っ組み合いになったりしていた。

僕は心が動かない病が続いていてずっと静かだった。

そうしているとある人から指摘されて、セッションを申し込まれてしまった。

その三人組みのなかに、アシスタントの方が入って、

私はコーチだったのに、気合が入っていてどっちがどっちか解らなくなった。

今一つな気分となった。

あーあ、今日は何ともさえない気分。

でも、インザボーンズの4つの指針はとても勉強になった。

生き生き感、勇気・思い切り、つながり、ありのまま、である。

熱く生きる人、それは、自分にとってのありたい姿である。

心が動かない中にあっても、インザボーンズの指針は私のためにあると思った。

今日も自分を承認する。

ダメな自分かもしれないけど、自分の生き方を信じ続けることができたね。

といってみた。

そう、もっともっと、信じることが大切だよ。

と返ってきた。

自分の心に起きる様々なことを信じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (2)

We’ve arrvied at the end of the line and I have what I need!

Maak er maar 6 van, Umbria Jazz in Perugia was ook echt geweldig. Dit jaar al geweest maar voor komend jaar als je toch in de buurt bent Zeker een must!

コメントを書き込む