第486号:論語が好き

今日はエヌティ・クリエイト主催の雇用調整助成金を活用できる研修初日だった。

あちこちに公募したのだが、募集期間が短すぎて手続きが間に合わず、

少人数での幕開けとなった。

それも以前コーチングセミナーでお世話になった方の会社であり、

こんな苦しい中で参加表明をしてくださったこと、感謝の極みである。

テーマはコミュニケーションの基本であり、とてもシンプルな内容だが、

受講生の方の真剣な参加により、とても深い学びが生まれていたように感じた。

ありがたいことだし、うれしいことである。

雇用調整助成金のセミナーと言うと、

どうしても助成金さえもらえればよいという考え方が中心になるのだが全く違う。

受講生の方もそうだが、やはり経営者が人を育てようというその想いがある。

これが最も大切であるし、人を想う気持ちは伝わるのだと思った。

その後、営業関連で動いた。

引き合いが出てきたり、多くの出会いがあった。

そして、夜は森先生と論語塾についての打ち合わせとなった。

本当に積極的で、一緒に仕事をさせて頂くのがうれしくて仕方がない。

今回の話の中で最も可能性を感じたことは、対話力のセミナーである。

師と呼ばれる人や、先生と呼ばれる人、

そう考えると会社の中における上司や先輩、

それから、家庭の親にとっても必ず参考になる内容である。

野崎と私の関係も、孔子とその弟子のような関係になったり、

私自身も目指している徳政を具体的にして、自分自身を磨くきっかけにしたい。

カリキュラムを作って、しっかりと販売しよう。

それが森先生への恩返しであるし、自分たちの学びを大きくするから。

今日も自分を承認する。

徳をもって治めることを目指す気持ちを持つことができたね。

と言ってみた。

目指すということは、意識して実践するということだね。

と返ってきた。

相手が望んでいることを感じ、それを助ける心を常に持って言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む