第482号:思うようには

今日は朝から倉敷商工会議所に年度末のあいさつに行った。

そして、昼からは事務所に入り内勤の後、ある行政団体に行った。

本当に私は商工会議所が好きである。

何が好きなのかと言うと、その仕事も好きだし、そこにいる人が好きである。

仕事について言うと、自分が経営コンサルタントとしてこの世に存在している

価値をとても強く感じられる場所である。

自分の力が公的な場で生かされ、それが広がっていくようなイメージである。

そう思うと背筋に長い物差しが入って、ピンと伸びるような感じである。

人について言うと、とても温かい人が多いということである。

なんだろう!? というよりも、頼りにしてくれているとか、

尊重してくれているというような感じがする。

マズローの欲求5段階説でいうと、自己実現の欲求と言うよりは、

自尊の欲求のレベルなのかもしれないと思った。

もちろん、人によって異なるのだが・・・。

社会的欲求かもしれない。

とにかく、いろいろな人がいるのだが、そんな輪の中にいられること自体が、

とてもしあわせに感じるのである。

そういえば、2002年に会社を辞めて、独立して以来、

ずっと共にいられる組織に入ったことがないのに気が付いた。

コンサルタントグループには属したことがあるし、属しているのだが、

いつも一緒にいるわけでもなければ、今の自分はどちらかと言うと疎遠である。

と考えると、野崎と言うスタッフを迎えて動いているエヌティ・クリエイトも

ある意味では、とてもいい状態である。

共に立ち向かうというのはとてもうれしいことだ。

これこそ、協働のよろこびである。

時として、それが崩れてしまう時があるのだが、

それは、自己責任で問題解決をしていきたいと思った。

そして、夕方は仕事を頂いている行政機関と打ち合わせをした。

新たな企画を検討しているのだが、なかなか時間と労力が不足して進んでいない。

そのことを報告し、実施する意思があることを伝えた。

この仕事は、必ずエヌティ・クリエイトがやらなければならない仕事なのである。

明日から東京に妻と子供たちが里帰りするので、夜は家族で食事に行った。

久々だったので、みんながうれしそうだった。

今日も自分を承認する。

協働のよろこびを作ろうとする姿がとても素敵だね。

と言ってみた。

まだまだじゃのー。

と返ってきた。

思うように生きられないけど、懸命な自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

「まだまだじゃのう」と返ってくるような自問自答。
真似させていただこうと思います。
(自分を承認してあげながら。)

昨夜は、突然の訪問であったにもかかわらず
お時間を割いていただけて
感謝しております。ありがとうございました。

野崎さんとの協働。
よい相乗効果を生み出せたら!と
思います。

コメントを書き込む