第474号:経験を分ち合う

今日は朝から従姉の女の子が来たので近所の山に登りに行った。

私は子供たちをよく山に連れて行く。

その中でいろいろなものを発見したり、楽しんだりするのである。

山の中を歩いて行くと、いろいろな物や事との出会いがある。

それを味わうためには、視覚、聴覚、嗅覚、体感覚など、

五感をフルにつかって感じるのである。

新しいものに出会えるから、冒険したり、チャレンジしたりする楽しみが沸く。

子供たちにはそんなワクワクしたり、ドキドキしたり、

何かを発見した感動等の体験が必要だと思う。

今回も寒空の中、石の下にコオロギを発見したり、

従姉のなっちゃんが大きな水晶を見つけたり、

いろいろな感動の時間があったと思う。

帰ってから、息子がなっちゃんの水晶と大きさを比べていた。

息子の方が大きくて、たくさん付いているということが分かった。

自慢そうな顔がそこにはあった。

こんな些細なことでも、自分がやったことを1つずつ実感できると、

それは、自信やプライドにつながるのだろうと思った。

なっちゃんも、姉に「本当に楽しかった」と言っていたそうだ。

これも私にとってはよろこびであるし、自信につながると思った。

今日も自分を承認する。

一緒に体験することで、新しい気付きや発見を分かち合うことができたね。

と言ってみた。

まさに、ネイチャーゲームリーダーだね。

と返ってきた。

よろこびを分かち合うリーダーを思い描きながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む