第473号:空白の一日

今日は朝から息子と軽く走った。

その後、事務所に入って仕事をしたような気がする。

何となく、記憶がない。

今日はどんな1日だったのだろうか。

こんな空白の1日があるということは、自分にとってどういうことなのだろうか。

いつもギュッと中身が詰まっていて、心が激しく震える時間だとどうなるのだろう。

ともかく、静かな気分がそこにあって、自分に帰ることができたように感じる。

同じことをむさぼり続けるのではなく、人生はバランスだと思った。

今日も自分を承認する。

心を静めて、しっかりと自分の時間を味わうことができたね。

と言ってみた。

もっとそんな時間を増やした見たら。

と返ってきた。

心の整理ができていて、静かに立っていられる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む