第451号:プロセス1

今日は久々にコーチング研修へ参加した。

私が最も素晴らしいと思っている研修機関のものである。

プロセスコースと呼ばれる内容で、一般的に言われているコーチングとは、

うってかわって全く違うストーリーを持つものである。

 

というわけで、とてもワクワクしながら朝起きて、

そして、岡山大学の事務所に車を止めて岡山駅に向かった。

仕事が残っていたからである。

 

何とか無事に岡山駅にたどり着き、新幹線に乗り込んで出発した。

そして、研修会場には開始20分前には到着することができた。

ほっとした。

 

研修のポイントは下記の通りだった。

 

*今を感じる

*共にいる

*場をつくる

 

それぞれが独自の視点であり、コーチがいかに存在するのかという、

とても大切なことがそこにはあるように感じた。

 

*今を感じる

 

とても簡単なようだが、難しいことのように感じた。

過去や未来はイメージという形で浮かびあがったりするのだが、

今と言うのは、あっという間に過ぎてしまうし、つかみどころがない。

 

*共にいる

 

真正面から向き合うと、非常に緊張する。

でも、その人の瞳の奥を感じ、どのような人生を送ってきたか味わうと、

その人となりがじわっと伝わってくる

背中を合わせて存在を感じるだけで、ぬくもりや優しさが伝わってくる。

なにか、安心感というようなものであるように感じる。

 

*場をつくる

 

クライアント共にいきていて、信頼関係による安心感のある場をつくる。

クライアントの状態に合わせることも大切であるが、

コーチのあり方も大切である。

今、クライアントために100%の力で向かい合っている状態である。

 

プロセスコーチングは、コーアクティブコーチングの真骨頂であり、

まさに、ダンスインザモーメントである。

その瞬間の生を共に味わうがごとしである。

 

今日学んだ方と一緒に食事に行った。

和やかで、そして、熱い時間だった。

 

今日も自分を承認する。

とうとう、というか、やっとプロセスコーチングに来ることができたね。

といってみた。

もっと、もっと、今を味わってみたら。

と返ってきた。

 

今、共に生きている人すべてを感じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

 

 

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む