第449号:みんなの成長

今日は早朝ミーティングの日である。

朝早くから会社に向かったがあまり寒くなくて気持ちがよかった。

新規事業と既存事業の両方についてプロジェクトミーティングをした。

 

新規事業については、今まで進めてきたプランの大幅な変更をするが、

その方向修正のための情報収集について話をした。

営業担当者の役割の大きさを改めて感じたのだが、

十分理解してくれて、快く引き受けてくれたような感じがした。

 

伝え方としては、何が良かったのか。

 

*何故それを進める必要があるのかを伝えたこと

*どうやって進めるのかを具体的に伝えたこと

*情報収集する企業のリストを素早く作れたこと

*その人の興味や関心を理解していたこと

 

等などである。

来週に報告を受けるのが待ち遠しいと思った。

 

それから、製造のミーティングを実施した。

以前から現場改善を繰り返してきたが、

現場の5Sレベルの問題は個人個人で取り組み徐々に改善されたが、

製造全体での問題が全く解決されないという現象が起こっている。

 

各リーダーもそのことに問題を感じており、

リーダーからミーティングを始めた方が良いという声も上がった。

現場からエネルギーがわき出ているような感じである。

 

とはいえ、全てのリーダーの足並みがそろうわけではないので、

あるファシリテーションの技法を使って、

30分で改善の合意を得ることを目標に取り組んだ。

 

実際は約40分かかってしまったのと、

1名のリーダーが、合意の意思表明をしているのだが、

何となく、違和感が残ったような気がした。

(こういう違和感は結構当たるし、何かが起こるような気がする。)

ファシリテータとしての勘である。

 

それでも、本当に短い時間でこれだけの合意が得られたのは、

我ながらすごいことだと思ったし、

協働ファシリをしてくださった方からもほめてもらった。

いい気分だった。

 

そして、昼からもコンサル案件である。

こちらの方は業務改善に関してのコンサルなのだが、

最後の改善計画は業務プロセスと情報システムによる改善に区分し、

とても、合理的なアウトプットができたと感じた。

 

コンサル、というか仕事が本当に楽しいと感じた一日だった。

  

そして、今日は2月に一緒に取り組んでくれた3人の実習生の送別会だった。

ビュッフェスタイルのレストランで自由に語らいながら、労をねぎらった。

最後に、相互のフィードバックをした。

 

相手の成長のために率直に伝えあう姿が印象的だったし、

こんな従業員に囲まれていたいと思った。

会社を大きくしたいという気持ちが更に強くなった。

 

今日も自分を承認する。

自分がもっともよいと思ったことを自信を持って実行していたね。

と言ってみた。

経験の中からしっかり学んでいるから出来るんだよ。

と返ってきた。

 

みんなの成長のために勉強し続ける自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む