第439号:力を抜いて

今日は県北の町にコミュニケーションのセミナーに行った。

思いやりのコミュニケーションというテーマだった。

地元の方々が集まり、とても和やかな雰囲気の中で、

セミナーが進み、心地の良い時間だった。

 

この1週間、寝不足もあり疲れていて、

とても、強いイライラやネガティブな感情が多く、

私としては本当に苦しかった。

 

本当にお客様のことを想ったり、スタッフのことを想えば思うほど、

自分のポリシーや理想とのギャップが生じて苦しんでいたように思う。

少しくらい「まあいいや」と許してしまった方が良かったんだろう。

 

 

自分を許して、相手も許す。

 

自分にOKを出して、相手にもOKを出す。

 

自分の良くないところと、相手の良くないところを認め合って、

お互いにOKをだす。

 

でも、その良くないところは弱みとして認識した上で、

さらに、より良い方向を目指す。

 

そんな自分でありたいと心から願った。

 

それが、思いやりであり、お互いに成長できるコミュニケーションだと思った。

 

 

今日も自分を承認する。

力を抜いて、場や空気を楽しむことができたね。

と言ってみた。

それが、一緒に生きているということだね。

と返ってきた。

 

肩の力を抜いて、微笑を浮かべ、瞳を見つめながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

またお会いしたいです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む