第430号:美しいこと

今日も朝からある工業組合での研修だった。

講師はインプロリーダーの伽羅さんである。

インプロとはインプロビゼーションの略であり即興演劇の事である。

 

エヌティ・クリエイトとしてもインプロに積極的に取り組みたいので、

演劇出身の2人を仲間として招いて、私も含めて4人で参加した。

 

伽羅さんは姫路を拠点に、関西を中心に活躍している俳優である。

会うたびにとても感じる。

というか、自分のその時の状態に気が付く。

 

今回感じたのは次の事である。

1.相手からのオファーをあるがままに受け止めていない

2.否定的な捉え方により、感情が湧きあがっている

3.今を100%で生きていない

 

こんな深い気付きがあった。

前回は、リーダーシップとしての自分自身が周囲を振り回したり、

悲しませたりしているということだった。

 

終わってからだが、連れて行った2人の若者は感動したようだった。

それは、伽羅さんが今その場で目の前にいる人と真正面から向き合い、

そして、参加者はそれに懸命に対応する。

 

そのことが、苦しみながらも懸命に生きようとする姿に映ったということだ。

全ては生きている証である。

生きるということ、そしてその姿は、なんと美しいことか・・・。

そんな風に捉えられる伽羅さんや2人の若者は素晴らしいと思った。

 

今日も自分を承認する。

2人の若者に精一杯に生きるヒントがある場を提供できたね。

と言ってみた。

そう、すばらしい仲間がいるよ。

と返ってきた。

 

想いのある仕事にまっすぐで、人を否定することなく言いたいです。

今日もありがとうございます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む