第426号:女性部

今日は1日商工会議所だった。

午前中は2件の相談、そして、昼からは様々な企業を巡回し、

制度の案内と指導をした。

 

最近はとても相談が多くうれしい限りである。

必ず協働のよろこびを作ると心に決めている。

そんな自分の想いを感じるとエネルギーがわいてくる。

 

ぐっと聴ききることができるようになる。

相手を優劣なく受け止めることができるようになる。

それが相談の多さに結びついているように感じる。

 

夜はある会の女性部に参加した。

簡単なコミュニケーションのセミナーをしてから宴会に突入した。

正直少し緊張した。

 

いつもは研修だけ参加するケースが多いのだが、

今回は女性部ということもあり、参加表明させていただいた。

話を聞くに、昔は男の指導員などが宴会の席に入ると、

かなりおもちゃのようになってしまっていたらしい。

その位の楽しむエネルギーがそこにはあるように感じた。

 

今回も同様である。

しっかりと楽しんでいる半面、本当に隅々まで皆さんが配慮していて、

誰一人として黙りこんだり、寂しそうにしている姿はない。

こんな不景気な世の中にあっても、本当に女性は強いと感じた。

 

それはそうだ。

経営と家族、そして、地域を守ってきたのだから・・・。

一人ひとりの個性というか、年輪というか、

それがとても魅力的に感じられた時間だった。

 

今日も自分を承認する。

女性部の中で、その力強さや可愛らしさを感じることができたね。

と言ってみた。

それは、女性としてしっかりと生きようとする姿だね。

と返ってきた。

共に生きている実感を感じながら言いたいです。

今日もありがとうございました。

また会いたいですね。

 

 

 

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

Fell out of bed feeling down. This has brntegeihd my day!

コメントを書き込む