第418号:こま道

今日は子供たちを連れて、コマ回し大会に参加した。

ここでは大人子供なく参加できるよう、

認定という仕組みが取られていた。

 

ついて早々にガムテープで名前を胸にはり、

そして、認定コーナーで技を披露し、級の認定を受ける。

 

ちなみに私は、下記の技が少し練習したらできた。

 

1.まわす

2.台乗せ

3.ひもつり

4.どじょうすくい

5.台受け

6.缶受け

7.てのせ

 

このあたりまでである。

この後は、とても難しい技が続き、そんなに簡単にはできない。

 

認定の後、試合となった。

息子はFクラス、自分はEクラスで参加した。

 

私は決勝まで残って、子供と真剣勝負をした。

結局、簡単な技で負けてしまった。

 

負けてはならないという考えが、緊張を生み、手先が狂い、

負けてしまったのである。

練習量が現れた瞬間である。

子供と真剣勝負の後の握手の悔しさが残った。

 

息子の方はというと、高学年の中に入って長生き競争で3位になった。

良かった。

 

そして、恥ずかしながら私はベーゴマの回し方を知らない。

家にもあるのだが、回せるのはベイブレードだけである。

 

この会を支えているのは放課後倶楽部のスタッフの方である。

子供たちをいつも夕方あずかって共に過ごしている。

 

子供たちに平等に、そして、素直なコミュニケーションをし続ける。

そして、惜しみもなく時間を割き、子供な純粋な想いに応える。

まさに、これがサービスだと思った。

 

エヌティ・クリエイトでもそんな純粋で、本当によろこびが生まれる、

そんな取り組みをし続けたいと思った。

 

今日も自分を承認する。

子供が相手でも、本気で勝負することができたね。

と言ってみた。

子供たちと一緒に心から楽しめていたね。

 

いつでも本気で相手を尊重して向き合える自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む