第410号:自然の中で

先日のネイチャーゲームに触発され、

今日は息子の2人を連れて、

近くの山に入った。

子供たちのネイチャーゲーム力には驚かされた。

 

自然を味わいつくし、ちょっとしたことに好奇心を持って、

想像を膨らませるのである。

鳥の鳴き声、道に落ちている糞、草むらの物音等などが対象である。

 

その一方、私は山に入っても何も見えなかったり、聞こえなかったりする。

味わうとか好奇心というより、何か必要なものだけを見つけようとしていて、

楽しんだり、深く見つめたりしていない。

 

普段の仕事の癖で、自分の想いと関係があるかないかという視点や、

損か得かというような視点で判断していて、純粋な好奇心ではないのである。

 

だから、「見つけなきゃ」とか、「早くしなきゃ」とかという雑念が入り、

自然を受け入れたり、味わったりできないのである。

 

 今日も自分を承認してみる。

忙しい中にも時間を見つけて自然の中で生きているね。

と言ってみた。

もっと仕事とプライベートにメリハリをつけてみたら。

と返ってきた。

 

もっともっと自然の喜びを感じ伝えられる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む