第391号:調子にのる

今日は1日セミナーだった。

それも、これから3月間にわたって続く予定のセミナーである。

ビジネススキルを身につけるためのコンテンツである。

今回は製造業の従業員の方に対する教育であるが、

内容は経営学に関連する内容であるため、

一部の従業員の方から疑問や不安の声が上がった。

「どうせやるなら、専門知識の教育をやってほしい。」

正直、おっしゃる通りという感覚を私は持った。

同時に次のように思った。

「この人の学びを深めるために、どう言ってあげたらいいのだろうか?」

いろいろと脳裏をよぎったが、次のように伝えることにした。

「成果のあげられるビジネスマンになる為には、バランスが必要。」

身につけるべき能力には、3つの種類がある。

  1. ヒューマン・スキル
  2. コンセプチュアル・スキル
  3. テクニカル・スキル

ヒューマン・スキルは人間力、コンセプチュアル・スキルは思考力、

テクニカル・スキルは専門力というように伝えた。

専門技術の知識ばかり増えても、人に伝える力が無ければ全く意味が無いし、

その場その時に合わせて思考する力が無ければ使い物にならない。

とにかく、成果を上げられる人になってほしいと伝えた。

このあたりから、調子に乗ってしゃべっている自分がいた。

 

また書きます。

ありがとうございます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む