第387号:充電する

今日はいろいろな意味でもう一息だなと思った。

朝は、本当に大きなプロジェクトの楽しい、うれしい話なのだが、、

時間が足りないとかという理由から、鍛える師匠におんぶに抱っことなってしまった。

打合せの結果としては、いろいろな話を更に深く聴くことができて、

とても有意義なものとなった。

 

担当者の方が、本当にその組織のことを真剣に考えていて、

しかも、ミーティングの進行もひとりひとりの意見を尊重しながら進められていく。

ナイスファシリテータである。

もちろん、そこに参加している可愛い釣り人も素晴らしい書記を務めていた。

とにかく、楽しいミーティングだった。

 

そして、その後はISOの運用コンサルティングである。

内部監査やマネジメントレビューの準備であったが、

いろいろな会社の責任を背負っていく姿にいつも感動する。

生きていると本当にいろいろなことが起こってきて、

若いのに全てを背負わなければならないのだが、

それを、嫌がることもなく、しっかりと向き合おうとする姿にエールを送りたい。

 

そんな中で、私は日頃の不摂生とビジネスパートナーへの中傷等があり、

非常にストレスがたまっている。

そして、十分にエネルギーを出し切れていない自分にいらだたしさすら感じるのである。

なんとか、ポジティブなエネルギーで吹き飛ばしていきたいところだが、

もう少しリラックスしていて、温かい気持ちを味わって充電したい。

 

今日も自分を承認してみる。

「自分に納得がいけていない自分のことを許してあげることができたね。」と言ってみた。

「もっと、もっとエネルギーを充電したり、休めたりするような視点を持ってみたら・・・」

と返ってきた。

いろいろなことを受け入れて、全てをエネルギーに変えることのできる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

また会いたいです。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む