第383号:共に経験する

今日は耕と龍を連れて釣りに行った。

夜中に目が覚めて、耳を澄ますと土砂降りの雨。

今日は釣りに行けないなとか、行っても釣れないなと感じていた。

朝起きて、2人の息子たちにいうと、思いっきりファイティングポーズをとったので、

雨も上がっていたので行くことにした。

 

予想通り、全く釣れない。

その上、寒かったせいかおなかが痛くなって、中庄駅に駆け込んだ。

もう帰ろうかとしていた時、耕がそんなところじゃ釣れないだろうというところに、

仕掛けを振り込んでいたところ、ツーン、ツーンという当たりがあった。

そして、一気にウキが水の中に消し込まれた。

耕があわてて竿をあげると、弓なりになった。

他のことをしながら、竿を支えていた私は、

大したことないだろうと思っていたら、引くわ引くわ・・・。

結局、プッツーンと糸が切れてしまった。

超大物の鯉だった。

後にも先にもこの魚がかかったのは一回だけだった。

耕にとっては、ものすごくインパクトのある体験だったろう。

きっとこの残念さは一生持っているのだろう。

でも、釣り糸を垂れるワクワク感も一生持ち続けられるだろう。

そんな経験を作ることができて私自身もうれしいと思った。

 

今日も自分を承認する。

「共に経験を積んで、かけがえのない感動を味わうことができたね。」と言ってみた。

「一緒にいることが大切だね。」と返ってきた。

大切な人と、共にじわっと時間を味わえる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む