第378号:安住すること

今日は夕方の商談がもっと大きなテーマであった。

というのが、今は本当に多くの研修・セミナーを受注させていただき、

私たちが本当にしたいことであるコーチングや経営戦略コンサルティングによる

よろこびを生み出す活動ができている。

とはいっても、経営コンサルティングという分野における経営環境も常に変わっている。

安住の地はないのだ。

そういう面で、安住の地を求めるための商談だったのである。

 

結論としては、経営に安住の地はないということだろうか。

安住の地を求めようという姿勢が、保守的であったり、受け身であったり、

自分勝手であったり・・・、経営的にまずいものを生み出すものだということがわかった。

 

「どう経営したらいいんだろうか・・・?」と考えてみると、

当社の人間中心アプローチの考え方がそのまま出てきた。

  1. 顧客満足:自分の都合ではなく、お客様が本当にしたいことを実現する
  2. 従業員満足:関係者やスタッフの能力を高め、モチベーションが上がる
  3. 経営者満足:経営者の満足は熱い想いに基づき、顧客と従業員を満足させること

最近、ブログを書かなくなってから、相手を熱く思うこと、

相手の望んでいることを感じること、そして、欲しいものを惜しみなくあげること、

少しお留守になってしまったのかなと思った。

 

今日も自分を承認してみる。

「自分らしく生きるために、ブログを書くことを選んでいるね。」と言ってみた。

「もっともっと、コーチとしての誇りを感じて、発信して行こう。」と返ってきた。

相手の想いを大切にし、感情と視点を常に感じられる自分で言いたいです。

今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

I actually found this more enanittreing than James Joyce.

コメントを書き込む