第374号:できない自分。

昨日取り組んできたキャッシュフローの数字がどうしてもあわないので、
午前中は机に座り、たまに目を瞑ったりしながら、ずうっと唸っていた。
そうしていると、色々な感情が湧いては消えていった。

「できない自分のことをどう思っているのか。」

  1. 数字に弱い
  2. こらえ性がない
  3. 変わることができない

こんな風に思っていると、だんだん無力感が沸いてきて、
つらくて、暗くて、もうどうしようもなくて最悪な気分である。

「こんな気持ちのとき、どうしたらいいのだろうか。」

その課題に立ち向かうということも大切なんだが、テニス部の時のように、
体を使ってエネルギー全開であればよいというものではないような感じがする。

もちろん、私の価値観や経験からすると、無駄なことでも思いっきりやれば良いが、
それだけでは、解決できないことが多いように思う。

そんな時は、工夫することが一番ではないかと思う。

今日は、ここまで。
この後、インキュベータに入ってまた出来れば続きを書きます。
ではでは。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む