第367号:心の中。

今日はエヌティ・クリエイトとしては初めての案件である新連携の打合せがあった。
国の施策に基づく申請ということなのだが、今までのどの案件よりも高度だし、
それから、要求も厳しいものがある。

というわけで、朝からその準備で追われていた。
といっても資料を読み込んでミーティングをマネジメントをするためにである。
技術的に難しい話が多いので、戸惑うことが多いのである。

その一方、技術系ベンチャー、基盤的技術を有する中小企業の組み合わせであるため、
本当に考え方の違う2つの会社、というか、社長と話をしながら進められるのが、
非常に良い経験であり、この上なく楽しいのである。
今日は、鍛える師匠と共にこの案件に臨んだ。

夕方には、別件で少し寂しい気分になったり、救われたような気分になったりしたが、
それもこれも、人の心の中にあるものを感じることで、うれしくなったり、
寂しくなったりしていることに気がついた。

人はお互いに心の中にいろいろなものを持っている。
今この瞬間に持っているものが、自分のテーマなのである。
だからコーチはクライアントの今のエネルギーの状態に気がつき、
そして、どのようなものを持っているのかを知らなければならない。

そして、コーチ自体も自分が今もっていることに正直になり、それに気づくことが必要である。
そうすることで、自分自身をコントロールすることができるのである。

このように考えていくと、最近の私は自分の心の中にあるものが大きすぎたり、
重すぎたり、熱すぎたり・・・という状態なのである。
だから、わかっていてもそれをコントロールできていない自分に苦しさを感じているのだろう。

心の中にあるものを満たすということ、それは欲ではなく価値観を満たすことでありたい。
ただ自分の中に、満たされず苦しさや寂しさを感じていることも大切してあげたい。
とても難しいことであるが、コーチとして、一人の人間として、経営者として、
このテーマに取り組んで行きたいと思った。

今日も自分を承認してみる。
「心の中にあるものを、取り出してまっすぐに見つめることができたね。」といってみた。
「正直になれるまで繰り返してみたら。」と返ってきた。

自分の心の中を、愛とよろこびでいっぱいにしていいたいです。
今日もありがとうございました。
またきてくださいね。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む