第361号:気楽に行こう。

今日はお餅つきの日である。
大人はぐったり疲れるが、子供達にとってはこの上なく心躍る日である。
子供の頃、私は年末のお餅つきが本当に好きだった。

「お餅つきのどんなことが好きだったのか。」

  1. 多くの人が集まること
  2. 人の前で出来るようになったことを披露すること
  3. 米を炊く時の火をいじくって遊べること
  4. おこわを作って食べること
  5. お父さんと一緒にいられること
  6. ワイワイ、ガヤガヤ、にぎやかなところ
  7. 自分がかまってもらって、一緒に遊んでもらえるところ

よく考えてみると、そうやって人の中で一緒に楽しんだり、
みんなの注目を集めたりするのが子供の頃から好きだったというの気がついた。

そういえば、人生最高の瞬間である夕暮れのセンターコートも、
人の輪の中で生きていて、注目されていて、自分ががんばってきたことを、
力いっぱいやっている自分が好きなのだという意味だと思った。
私のヒーロー像がそこにはあるように感じる。

というわけで、今日はお餅つきなのだが、最近参加者がめっきり減りつつある。
兄弟の多かったおじいさんの兄弟が相次いで亡くなったため、
その家族もそれと同時に参加しなくなっていっているのである。
寂しい限りである。

あと、父と私の兄弟についても、それぞれが忙しいとか、
色々な事情があって、遅く集合し、早く帰っていってしまう。
なんか、義務感で参加しているようにも感じてしまうのは私だけだろうか。
若干、絆が細くなっているようにも感じる。
もちろん、物は捉え方なんだが・・・。

私の場合は、どうしても大学時代に培ってきた体育会系の感覚が邪魔をしている。
先輩の言うことや、イベント事は絶対なのである。
むしろ、無茶をするくらいのノリのほうが楽しい。

誰かが迷惑に感じるかもしれないが、そういう人ほどいじくるなどして、
(コミュニケーションを増やす)
楽しませて、巻き込んでいくのである。
ひょっとしたら、そんなリーダーシップが自分に欠けているのではないかと思った。
今日もそういう面では、改善したい面がたくさん出てきた。

「自分が今改善したいのはどんなことか。」

  1. 自分の想いやあり方やポリシーを明確に示すこと
  2. ユーモアのあるコミュニケーションをすること
  3. そこにいる人の想いや望みをかなえること
  4. 常に今を100%で共に生きること
  5. 具体的に得することを明確にすること

特に、その中で1.2.3.4.は重要だし、本当にそうありたいと思っている。
要するに、ヒアアンドナウ、ダンスインザモーメント、一期一会である。

昼で親戚はみんな帰ってしまったのだが、家族でビールを飲みながらゆったりと過ごした。
年賀状が未だ出来ていない。
だから、デザイン、印刷、それから、データベースの管理をやった。
時折り、居眠りをしながらしていると、寝るほうが多くなってしまった。

今日も自分を承認してみる。
「ダラダラだけど、やるべきことを1つずつ進めることが出来たね。」と言ってみた。
「たまにはダラダラした時間がいいね。」と返って来た。

不甲斐ない自分も受け入れ、許して、気持ちを楽にして言いたいです。
今日もありがとうございました。
気楽に、楽しく行こう。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む