第344号:CAT2-1回目。

12月13、14日の2日間は京都に行ってまいりました。
ブログの更新も遅れてしまい、ちょっとたまってしまいましたが、
何とか復活したいと思いますので、また、宜しくお願いします。

さて、というわけで、昨日は宿題をしようと夕方からの時間をしっかりとっていたのだが、
結局、日常の生活や仕事で、ためにためた疲れに負けて、寝てしまった。
早く寝たので、途中で起きて宿題に取り組めると想っていたのに、
朝まで微動だに出来ない位疲れて、布団から出ること、書類に目を通すことが出来なかった。
誠に恥ずかしい限りである。

といっても、全く何にもしないで参加するのは失礼なので、何とか書類を用意し、
その中の宿題であるDVDによる観察と問題点の週出の作業をした。
ところが・・・、少し見たくらいでは、そのプロセスの動きが全く見えないのである。

正直、げっと思った。
音声が良く聞こえない、その上、映像が小さくて根気よく見ないと良く見えない。
だからというわけではないのだが、その映像のミーティングの中でどんなことが起こっているか、
全く解らないのである。

「宿題が十分に出来ない。」

そうでなくても厳しい研修であるCATに参加するのに、
そうでなくても他のコーチに比べて、ファシリテータの基礎知識や経験が浅いのに、
準備が出来なくて、ショックでショックで立ち直れなくなってしまった。
休むわけに行かないので、ボロボロになる覚悟を決めて家を出た。

新幹線に乗って、書類だけでも目を通した。
またも睡魔が襲ってきた。
眠い目をこすりながら、何とかプログラムについて理解した。

そして、ミーティング会場にたどり着き、机に座った。
その瞬間から、宿題が出来ていないこと、それから、宿題についての問いに
対してビクビクしていて、もう今回の研修の成果が決まったように感じた。
おまけに、日頃の不摂生で相変わらず体調も思わしくなかった。

コーチングラボウエストの本山会長の長年蓄積してきた集大成とも言える研修である。
CAT、つまり、チェンジエージェントトレーニングである。
最近はファシリテーションという言葉がトレンドであるため、
ファシリテータ養成講座ということになっている。

でも、本来の意味は、組織変革のための推進者ということなのである。
膠着したり、澱んだりしている組織に変革を引き起こすのである。

『組織が変わるための“一摺りのマッチ”になる』

非常に解りやすくて、モチーフになるようなイメージが湧く言葉だった。
NTCがやろうとしているHCA(人間中心アプローチ)にも通ずるところがあるように思った。

研修のほうは、前回のファシリテーションのDVDを観察し、起こっていることを見つけ、
そして、その場をどう活用し信頼関係を築き、ミーティングのタスクを実現していくのか
を検討するのである。

いつも本山会長が言っている“尊敬と祝福”の関係を構築するのである。
そのためには、今回“福音”という言葉が出てきた。

“福音”とは、辞書で調べると下記のようになる。
1 喜びを伝える知らせ。よい便り。「―をもたらす」
2 イエス=キリストによってもたらされた人類の救いと神の国に関する喜ばしい知らせ。
 また、福音書にしるされているキリストの生涯と教え。

要するに、研修で使われる言葉はすべて福音でなければならないということなのである。
そうすることで参加者を性善たらしめ、ミーティングを成功へと導くのである。

EQの中でも前向きな言葉を使うことで、前向きな気持ちを作るとあるが、
これこそが、まさに“福音”だと思った。

夜は、CATメンバーの忘年会ということで、本山会長お勧めの鶏鍋の店に行った。
白濁したコラーゲンたっぷりの秘伝のスープに野菜やとうふが入った鍋が
めちゃめちゃにおいしかった。

バカなことに夜は宿泊先も取らず、京都に来てしまったので、
京都駅周辺の量感を片っ端から当たって、なんとか泊まるが出来た。

正直、あまりに自分の不甲斐なさに夜は落ち込んでしまったが、
ある人に話を聴いてもらって、受け止めてもらったら元気になった。
からからに乾いた心に、しっとりとした水分が流れ込んできたように感じた。

今日も自分を承認する。
「最後まで放棄することなく、その場に居ることが出来たね。」と言ってみた。
「精一杯そこにいることが出来たんだね。」と返って来た。

至らないことをすべて受け止めても、自身を愛すことの出来る自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (2)

毎日お忙しそうですが、とても充実した日々を送られているようですね。
何度か京都に行かれているようですね。どこか観光名所に行かれましたか。私のお勧めは、北野白梅町にあるトーフカフェです。お豆腐が苦手な私も、なぜか気に入っているんです。お時間があれば行ってみて下さい。

先日あるところで、例の出版物を見つけました。かなり前になりますが、以前お会いした時と印象が変わっていたので、正直驚きました。

先日、社長が「来年こそはコーチングのセミナーに参加を!!」と言っていました。こんな身近で、西田さんのお仕事を必要としている人がいると思うと、なんだか嬉しくなりました。

今年も残すところ2週間ですね。悔いの残らないようやりたいことを精一杯やって下さいね。でもお身体も労ってあげて下さいね。たまには連絡下さいね。

Good points all around. Truly apcdipeater.

コメントを書き込む