第334号:本当の想い。

今日は早朝ミーティングでスタートした。
そんなに睡眠不足ではないはずなのに、めちゃくちゃ眠い。
朝の運転はそうでもなかったが、昼過ぎの運転はめちゃくちゃ眠い。

今日は早朝ミーティングの中で社長の生きている間に絶対にしたいこと、
午後のISOのミーティングの中で社長のビジネスで実現したいこと、
そして、夜の飲み会、そして、ミーティングで、その方の本当に実現したいこと、
色々なものが聴こえてきて、うれしくて、楽しい時間だった。
今日は本当の夢を聴くことが出来た。

まさにフルフィルメントである。
そのことをしゃべっている時の表情、声のトーン、そして、エネルギー感がとても好きだ。
今思い出しても、その方の想いがじわっと胸にこみ上げてきて、
自然と涙がたまってしまうのである。

「この涙の意味は?」

  1. 日々精一杯生きていることへの尊敬
  2. 本当に満たされることへの憧れ
  3. 自分を妨げるものへの抵抗
  4. うれしさやがまんへの共感

涙の中に、いろいろな意味があると思った。
相手の心の中に色々なことが起こっているのを、コーチとして感じているが、
それは、自分の心を反映したものであると思う。

結局は、自分に経験があり、味わったことのあることしか、
意識したり、共感したりすることは出来ないのである。

コーチとして、いかに多くの経験をつみ、
笑ったり、泣いたり、よろこんだり、苦しんだり、人を想ったり、
すればするほど、色々なことを理解してあげられるようになるのである。

「人生に無駄なことなど無い。」

一見、ムダに感じても、ムダだなと感じることに大きな意味があり、
それを味わうことで、ムダを作らないようにしたり、あえてムダを作ったり、
色々なことが出来るようになるのではないかと思った。

どう感じるかがすべてだなと・・・。
それをいかに深く感じて、身体にしみこませるのか・・・、
まさに、プロセスコーチングだと思った。

今日も自分を承認する。
「とにかく、相手の想いを大切にコミュニケーションできていたね。」と言ってみた。
「自分の想いも大切にしたほうが良いね。」と返って来た。

左手と拳の儀式を繰り返しながら、相手と自分を大切に出来る自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。
またきてくださいね。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む