第330号:本来の自分。

昨晩のセッションの余韻があって、今日も朝早かったがとても目覚めが良かった。
自信がみなぎって、何でもできそうな気がする。
そんな気持ちにさせてくれたクライアントに感謝である。

おまけに早朝ミーティングの後は、セミナーの運営に関係するものの、
特に責任があることは無いため、精神的に余裕があった。

早朝ミーティングから一旦家に帰り、食事をして、倉敷駅に向かった。
私のほうで東京から招待したの古里渉利さんを迎えに行った。
彼は飲食店&国際コンサルタントであり、知人から紹介してもらった方である。

とてもさわやかで、かつ、熱いハートのある素晴らしい人物である。
いつも前向きで、人のことが好きで、頭が良くて、言葉に強い。
パーフェクトな人なのである。

そんな渉利さんに会うたびに、私はうれしくて、期待してやまないのである。
ちょっとした、ジェラシーのようなものも感じるけど、渉利さんは許せる。
そんな、紳士である。

今日も東京の飲食店事情をテーマとしたセミナーであり、
豊富なコンテンツとさわやかな語り口で、大勢集まった女性陣を魅了した。
私もそんな講師になりたいと思い、渉利さんのあり方をベンチマークしようと思った。

セミナー終了後、とんかつかっぱにご招待した。
倉敷でおいしいものといったら、他に思いつくところが無かったのである。
おいしいって言って食べてくださった。

ゆっくりととんかつを食べながら、以前お付き合いのあった頃から、
変化したと感じることを、余計なお世話と思いながらもフィードバックした。

その反応を見ながら、「人間の深さや大きさが変わっている。」と思った。
この1年間、どんな経験を積んできたのだろうと思うと、
再会できたこと、また、一緒に食事が出来たこと、すべてがよろこびだと思った。
日帰りということだったので、倉敷までお送りした。

その後、鍛える師匠と当社NTCについての打合せをした。
11月のセミナーラッシュで、HCA(人間中心アプローチ)の展開が進んでいなかったし、
来年度に向けて新たなアクションを起こしていく必要を感じたのである。

今まで漠然としたままにしてきたHCAについて、
当社が提供しようとしている研修やコンサルティングを体系的にまとめることが出来た。
結構、すっきりとしている。

HCA(人間中心アプローチ)とは、
『協働により人と企業に愛とよろこびを届ける。』ことである。
これは、NTCの経営理念であり、経営コンセプトでもある。
そして、HCAは大きく3つの分野に分かれていく。

  1. TMS(経営者満足)
  2. ES(従業員満足)
  3. CS(顧客満足)

これらを満足させる手段として、ペルソナやシナリオ手法を活用するのである。
特に、ビジョンコーチングプログラム(仮称)はその中でも最も重要なものとなる。
さらに、コミュニケーション(人)、経営戦略(企業)は次のフェーズである。
そして、最終的にはその手段として、商品開発や販売促進、その他へと展開される。

こんなアウトプットをしてみた。
あまりにスッキリしたので、師匠と一緒に本当によろこびが生まれた。
HCAを標榜する自らが愛を持ったり、喜びを感じたりすることが大切なんだと思った。

ところで、愛の定義は、今のところ次のようになった。
相手のことを真剣に思い、相手のために純粋に何かをしてあげたいと思うこと。
優しいという意味ではなく、相手のために厳しくもなれるということ。

まさに、おにコーチと同じ概念である。

最近は夜中のセッションが多い。
今回はコーチングを受ける立場だったが、
「本来の自分を取り戻す。」ためのセッションになったように思う。

コーチングを始めてから、本当に多くの過去の自分と向き合ってきたが、
今日出てきた大学時代にテニス部の主将をしていた自分は、
あまり最近好きではなく、どちらかというと最近否定していた姿だった。

でも、一番輝いていたし、自分の欲しいものを貪欲に手に入れようとした時代だったと思った。

  1. 信頼されたい
  2. 強くかっこいい
  3. 自分の影響を与えたい
  4. 熱く想いを伝えたい
  5. 一生懸命な生きざまを見せたい

モデルとしては、松岡修三と、大学自体の先輩である石垣幸二先輩が浮かんだ。
そして、熱くこみ上げる想いを感じる方法として、下に向けて力を込めるガッツポーズを作った。
相手を想う左手の儀式、そして、自分の想いを駆り立てる突きおろすガッツポーズを
これから使って、本来の自分で生きてみたいと思った。
これも、きっとHCAだと思う。

そう、自分に満たされていない気持ちがあるのであれば、素直に口にしよう。
満たしてくださいってお願いしてみよう。
それが、受け入れられないのならば、仕方が無いじゃないか。
だって、そこには生の本当の自分がいるのだから・・・。
こんな気持ちに気づかせてくれたコーチに感謝である。

さあ、今日も自分を承認する。
「自分の気持ちにめちゃくちゃ素直になることが出来たね。」と言ってみた。
「そう、それも大切な自分だから良いじゃないか。」と返って来た。

この世の中で生かされている自分に感謝して言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む