第301号:元に戻す。

今日で10月も終わり。
月末ということもあり、やらなければならないことが山積みになっている。

今日は午前中のアポイントは無かったので、内勤をする予定だった。
というわけで、比較的ゆるゆると起きて朝食を取った。

昨日のコーチングセッションで書き出した、未完了のリストのことを思い出した。
特にインキュベータ関連の手続きが気になり、以前のメールや資料に目を通した。
すると、私としては最も気になる助成金の申請書が今日まで!?になっている。
急いで資料作成し、法務局に立ち寄り、岡山市役所へ向かった。

車を走らせながら、最近のあるものに囚われ、溺れている感じを今日も感じていた。
ブログにも何度も書いたのだが、どうやったらこの感覚から逃げられることが、
出来るのかを考えて、実践しようと思った。

岡山市役所に行き、申請書の手続きをしようとしている時、あることが起こった。

「その時の私に何が起こっているのか。」

  1. 相手の人が今どんな気持ちかをじわっと感じている
  2. 一瞬で相手を好きになって、愛を届けようとしている
  3. 今後も付き合いたいという意志を持っている

あと、それに加えて、見られている自分やそのように振舞っている自分のことが、
とても好きなようである。
自分が描いている魅力的な自分は、何かに囚われてしまったり、
自分のニーズを満たすことだけに、終始する自分ではなく、
相手の想いを深く感じ、そのすべてを受け入れられるそんな自分なのだと思った。

あきらめをなくす。
この世の中を愛と喜びで埋め尽くす。
そんな私でありたい。

今日は、昼から新規事業のコンサルティング、
そして夜は、鍛える師匠と妄想の女王、デザインの貴公子と打合せだった。
ちょっと無理も言ったかもしれないけど、みんなのしあわせにつながっていると信じて、
コミュニケーションできたと思っている。
また、いろいろと提案してくれてありがたいし、
これからも、一緒に進めて行きたいと思った。

今日も自分を承認する。
「やっと人間として、大切な想いを重視できる状態に戻すことが出来たね。」
といってみた。
「体調が悪かっただけだよ。」と返って来た。

もう一度、この世の中を愛とよろこびで埋め尽くすことを宣言して言います。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む