第299号:自信を作る。

今日も早朝のミーティングがなかったので、ゆっくりと立ち上がった。
風邪のほうはややよくなったようだが、本当にもう一息と言う感じである。
微妙に頭の冴えや、心の曇りに効いているのである。

というわけで、午前中は経営革新の準備、そして、昼前に出発し、
岡山駅周辺で、金融機関と融資の打ち合わせ、それから、職業訓練の講師、
さらに、11月の職業訓練生の事務所への受け入れのための面接、
という手順であった。

実は朝感じていた頭や心の曇りは、仕事をしていると徐々に治っていった。

「何が私の頭や心を、いつもの私に治してくれたのだろうか。」

  1. 前向きに仕事に取り組む姿勢を見せてくれたこと
  2. 私に対するプラスの評価
  3. 私とのつながりを持とうとしてくれること
  4. 率直な疑問や、私への好奇心を持って発言される質問
  5. 私に好意を持ち、信じてくれる心

色々と感じるところをアトランダムに書き出してみたが、どれも確かに効果ありである。
一言に集約していくとすると、「自信を持つ」というところだろうか。

風邪を引いて、相手の状況を把握できるような状態でないと、
どうしても、自分の想いが心の奥底に埋もれてしまって、探し出すのが大変である。
そして、そのような傾聴力や包容力がないと、人が集まってこないし、
もっというと、エネルギーになるような行動は起こさないのである。

いかに自分が、良い状態で生き、良い状態でこの世の中に影響を及ぼしていくか、
これが最も大切なことであると感じた。

今日も自分を承認する。
「色々な方々のフィードバックや支えをしっかりと受け止めることが出来たね。」
といってみた。
「師匠のいうように、感謝の気持ちで良いフィードバックも受け取れるようになると良いね。」
と返って来た。

人の中で支えられ、おごることなく自信に溢れた自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

That takes us up to the next level. Great potnisg.

コメントを書き込む