第285号:なされるがまま。

今日も早朝ミーティングだった。
昨日のあることがきっかけで、妙にしっかり落ち着いているのに、
それと同時に、静かに燃えるようなエネルギーが動いているのを感じる。

正直、1日めちゃくちゃ眠かった。
打合せをしていても、車を走らせていても、時々意識が遠のく・・・。
でも、私はみんなのしあわせのために頑張らなければ・・・、と思うと、
ぐっとエネルギーがまた静かに燃え始め、自分をしゃんとさせるのである。

というわけで、新規事業の企画、ISOのマネジメントレビューの準備、
県西部の商工会議所でセミナーの打ち合わせ、ISOの営業、
そして、最後にホームグラウンドの商工会議所でもろもろの打ち合わせ、
家に帰ってからは鍛える師匠とうちあわせ。
終わったのは23時・・・。
なんとか無事に1日が終わった。

疲れはひどかったのだが、今日一日の感想としては、
多くの人と本当に良いコミュニケーションができたという印象が残っている。

なぜか分からないけど、みんなが気さくに声を掛けてくれて、
みんなが自分の好きなことを楽しそうに話をして、
私はそれをニコニコしながら聴いているだけ。
ところどころで、他愛も無いことで口を挟んだり、
話の内容やバランスに問題を感じるた時に、みんなに気を遣ったり・・・。

そうすると、みんながいろいろな話を持ってくる。
自分にとって良い話もあれば、あまり良くない話もある。
けど、なぜか良い方向に話が転がっていって、楽しい気分が生まれてくるのである。

なされるがままという感じである。

「私のあり方の何が効果的なのだろうか。」

  1. 否定したり、イライラしたりせず、相手を受け入れている
  2. 相手に愛とよろこびを与えたいという心の位置を感じている
  3. 常に細かく震えるように心を動かしている
  4. 相手のことを本当に愛しい存在として捉えている

そうこうしていると、経営コンサルタントとしての自分はほとんど機能していない。
俯瞰的な視点を持つコーチとしての機能はまあまあという感じである。
理想に向かって、今日はコーチとしての相手の心の震えを感じつつも、
俯瞰的で客観的に相手を聴く自分を創って行きたい。

そうすることによって、相手の良いところや強み、
そして、望んでいることや大切にしていることを常に感じることができるはずだ。
このことについては正直まだまだ納得がいくレベルではないため、
もっと明確にすっきりと聴けるようになりたいと思った。

今日も自分を承認する。
「ありたい自分に向かって、確実に進んでいるね。」と言ってみた。
「今の自信を大切にしながら、ポイントを明確にして取り組んでみたら。」と返って来た。

相手の望んでいることや大切にしていることを100%聴ききる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む