第283号:大好きな自分。

昨日は1日家族と過ごして、本当に楽しくて心温まる1日だった。
そのせいか、今日も非常に気分が良い朝だった。
ただ、夕食に食べた焼肉が胃にもたれたらしく、
舌の先に小さい口内炎が出来たのがジクジクと痛む位である。

その痛みの奥にあるものを味わってみると、
人からどう思われているかとか、もし上手く行かなかったら・・・という、
今自分が持っている問題点のようなものが出てきた。
ちょっと、心に陰がさしてきたような気がした。

そんなことを言っていても仕方が無いので、とにかく前に進もうと思って、
ブログをゆっくり書いたり、リーダシップコーチングの資料をまとめたりした。

昼からは打ち合わせを2つほどするので、耕と龍と遊ぶことが出来ないので、
10時になった時点で近所の公園に2人を連れて出ることにした。
行く途中で、クニおじさんに会い、採れたての芝栗をもらった。
ちっちゃいけどおいしい栗である。

クニおじさんと、息子達をちょっとからかうような話をして、ニコニコしながら別れた。
「本当に子供が好きなおじさんだな」と思うと心が温かくなった。
そういえば、私が小さい頃、本当に可愛がってくれて、
得意なソフトボールを教えてくれたのを思い出した。

そして、公園に着くと近所の知り合いが沢山来ていた。
昔の思い出話と、近況の報告などをしながら過ごした。
経営コンサルタントの自分を語ったり、相手の考え方や価値観を感じたりしていると、
私にとって、とても心地の良い時間となった。

そして、昼からは鍛える師匠と食事をして、それから、打ち合わせに入った。
師匠が多くの種類のチラシ作りをやってくれて、
ビジョンコーチングセミナーの企画も無事最終確認ができて、本当に感謝である。

あと、販促のメディアミックスの話も本当に面白くなってきた。
話せば話すほど、うれしいし、楽しいし、ワクワクする。
若干のお金もかかるけど、それ以上に得るものがあると思えるようになった。
私は、関係する人がみんな同じような気持ちになるようコーディネートしていきたい。

そして、時間がギリギリになったので、電車をあきらめて車で福山に向かった。
久々のJMBSの打合せである。

この2年間くらいは自分のことが精一杯で、
グループに対して何にも出来ず、本当に不甲斐ない自分であった。
でも今日は、エネルギーが溢れ、自分の思ったことを話し、そして、
みんなの気持ちを理解して、大切に出来る自分であることが出来た。
それも、メンバーの方々が受け入れてくださったおかげだと思う。

楽しく参加させていただいた。
その帰りである。

相変わらず私の車のCDは“栄光の架け橋”が流れている。
街の明かりが美しく目に映り、その心地よさが胸に突き刺さるように感じた。
そして、私は今の自分が大好きだと思った。

「大好きな自分とは、どんな自分なのか。」

すべて書き出すと大変なので、今日感じたことだけを書いて見る。

  1. 人が好きで、愛がある
  2. 否定することなく、すべてを受け入れている
  3. ありのままの自分で、言葉を発している
  4. しっかりと深く味わい、いつも心が震えている
  5. 相手の本当の望みやよろこびを感じている

とってもいい感じである。
これが、魅力的で、余裕のある、大きな自分かもしれない。
これに加えて、情報力や思考力を持って、そして、コーチングのスキルを、
その場にあわせて使い分けできるようになると、私にとっての最高である。

この2年間はコーチング&ファシリテーションを極める方向で進めているのでOK。
更に、来年は組織改革についても加えて取り組んで行きたい。

きっとそうすることで魅力的な自分に近づくことができるし、
その結果として、あきらめをなくし生きるよろこびを創ることにつながる。
さらには、この世の中を愛とよろこびで埋め尽くすことが出来るのである。

今日も自分を承認する。
「みんなのことを好きになって、尊敬し、祝福できていたね。」と言ってみた。
「もっと自分を磨いて、その人にとってかけがえのない自分になってみたら。」
と返って来た。

望んでいることや大切にしていることを、誰よりも届けられる自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む