第269号:占い。

今日は商工会議所の日だった.
朝夕の冷え込みでどうやら風邪を引いたようだ。
頭が痛くて、消化器系の内臓に痛みのようなものを感じる。
そういえば、息子たちがも鼻水を流したり、ゴホゴホやっているのを思い出した。

今日は商工会議所の日であるのに、なんとなく晴れ晴れした気分ではない。
着いてからある1本の電話の着信で、気持ちがそっちに引っ張られ、
なんか暖かいものに引き付けられたようになった。
体調が悪いときには、自分の心のゆれも大きくなるのである。

今日の仕事は、創業セミナーの企画や、創業者への相談であった。
一応、やる気のある3人創業者の気持ちを感じながら過ごすことが出来たし、
それから、商工会議所の笑顔のカメラマンが、写真をいっぱい取ってくれた。
いつでも写真取ってあげるからって言われて、
一緒にコミュニケーションを楽しんでいる感じがとっても良かったし、うれしかった。
「共に楽しむ」って言う感じである。
(おまけに飲みに行く約束もしたよ。)

そして夕方は、農商工連携、および、新製品開発の打合せの予定であったが、
都合が悪くなり、日を改めた。

そして・・・、今日は岡山大学インキュベーションに入るのだが、
いつも何がイベントがあったり、重要な意思決定があったりする時に相談にいく、
占いのおじいさんに会いに行った。
父が長年付き合ってきた人である。

「私に関連する大切なことで、今まで何を占ってもらってきたか。」

というか、もともとは父が大切だと思うことを占ってもらっているわけだが・・・。

  1. 実家の建て替え
  2. 私の結婚相手、時期の良さ、そして、その相性
  3. 関東から岡山に帰るときの時期や方位
  4. 耕之助の名前
  5. 龍之助の名前
  6. 有限会社エヌティ・クリエイトの名前と開業の時期
  7. そして、今回の新設事務所の方位と移転の時期

数々の人生のイベントにおいて、意見をもらっている。
その昔、父が家族に関する大きな意思決定をしたときから話をしているらしい。
なぜか、今までこのおじさんにアドバイスしてもらった結果上手く行っている。

というわけで、今回も相談し、岡山大学インキュベーションへの入居の予定を、
11月5日水曜日の大安吉日とした。
そして、事務所開きは潮が大きく満ちる10時とした。

「このように占いをし、何かを決めることにどんな意味があるのか。」

家族のしあわせや事業の発展を願うことである。

つまり、自分で自分がしあわせになるということを宣言し、確信することでもある。

行きたい方向を決めて、後ろから押してもらうような感じである。

もちろん、名付けなどにおいては“ノー”と言われたこともある。
しかしながら、それは宇宙の法則との交信であり、
それと合わないことはしないということだと理解している。
結局、その結果は納得がいくように自分が意思決定しているということになる。

そして、おまけに今回はこんなことを言ってくれた。
私についてである。
これは、紙に書かれたままをそのままブログに書いて見る。

西田和英
昭和45年6月12日生(男) 庚戌3 壬午1
・一生の運勢の良い人
・資格免許を持って職業につくと良い
・人の上に立ってリーダーとなる
・行動力のある人
・店長、社長、部長となる
・元気な体、よく動く、働く
・スポーツマン
・金銭運の良い人
・頭の良い人

運勢の良い年 19、20、22、25、26年度
少し休運の年 18、21、23、24年度

というあんばいである。
白髪で伏目がちのおじいさんであり、その瞳をしっかりと見ることはできないが、
伏せた瞳の向こうでは、私の幸せを願っている一つの心があるように感じた。

どちらにしても、今年も含めて向こう7年は4勝3敗、
そして、基本的に運勢の良い人ということなので、大きな心配要らないそうである。
今回も自分を信じてみようと思えるようになった。

その自分を信じようと思った瞬間に不安が立ちこめ、本当だろうかと思える。
これが自分の心理的なポジションの変化による、反応だということもわかった。

その後、家に帰って空手に行き、いい汗をかいた。
ちょっとだけ、自分の心の位置が悪いせいか、不安だったり、寂しかったりした。
その後も寝るまでその心はおさまらなかった。
風邪のせいということにしておこう。

夜、フリーマガジンの美咲の竹内君から電話があって、
「自社サイトでブログ取り上げていいですか。」っていってた。
ちょっと恥ずかしかったけど了解した。

さらに、12月号で“チェンジ”というテーマで出版するけど、
また記事を書かせてもらうことになった。
それと同時に、森田恵子についても良い形で取り上げてもらうこととなり、
更に話を進めていると、私との対談形式の記事を作るということになった。
ライターとして妄想の女王を起用しても面白いかもしれない。

私としては、いろいろな形で、周りの人と深いつながりができ、
そして、皆が望みをかなえて、生きるしあわせを感じてもらえると私もうれしい。
これからそんなことを一生かけてやっていきたいと思った。

今日も自分を承認してみる。
「自分の寂しさとも向き合い、人のしあわせをエネルギーに変えられていたね。」
といってみた。
「そう、自分の生きるテーマに沿って、エンディングのイメージへ向かっているね。」
と返って来た。

今の自分の生き方に自信を持って、大声で叫びたいです。
今日もありがとうございました。
またお会いしたいですね。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

This info is the cat’s paamjas!

コメントを書き込む