第265号:対策。

毎日こうやってブログで振り返って、自分なりの改善を繰り返したいのに、
ここに来て進化が止まっているように感じる。

今日も県東部のほうへ朝から出かけて、コンサル案件に取り組んだ。
ここで待っていたのは、「聴こえているのに、反応できない病」であった。

行く途中は、森田恵子のフレッシュモーニング岡山を聴きながら、
とても心地よく、ご機嫌な感じで現地に向かっていた。
「がんばってるなー。」と思いつつ・・・。

余談だが、パーソナリティーが良いのはもちろん、
この番組の選曲は朝のすがすがしさやエネルギーが感じられて非常に良い。
眠気はかなり強かったが、おかげで居眠りするほどではなく、
無事に現地に着くことが出来た。

そして、席に座った瞬間、ある理由から参加者のエネルギーの違いがあった。
なのに、そのエネルギーをディスカウントして、自分のしたいことを先に進めてしまった。
結果として、振り返りや次の行動のコミットメントが弱くなった。

良くわからないかもしれないが、私としては結果もプロセスも不満だった。
とにかく、今何が起こっているかを把握し対応することで、
前向きなハートを作りたかったが、できていなかった。
気持ちや空気を聴くことにエネルギーを集中できていないように感じた。
ちょっと疲れているのかと思ったが、こちらのほうもスルーした。

午後一番の予定が無いので、一旦家に帰ったが、
ついた瞬間、布団に倒れこんで一瞬であるが寝てしまった。
気を失ったような感じで、動くことが出来なかった。

そして、昼からは商工会議所へ向かった。
創業の相談を受けるためである。
今日は、男らしくて、かつ、やる気に満ち溢れ、そして、十分な計画を持つ男だ。
言葉は少ないが、コンセプトについて語る姿は、とても魅力的だ。
内容に対して、笑顔でOKを贈ると満面の笑顔が返って来た。
是非とも成功して欲しい。

ビジネスプランで最も大切なのは、意図とそれに基づく仮説、そして、その根拠だ。
どんな企てを持って事業を起こすのか、誰に何をどのように提供し、
他店舗とは違う価値を生み出すのかという点である。
そして、その結果、どのような損益が生まれ、資金が必要となるのか。
また、その数値の根拠が細かく検討されているか等である。
12月オープンなので楽しみで仕方がない。

そして、ISOの導入についてのミーティングを実施した。
出来上がった組織図を拝見し、それをみるだけでも本当に多くの問題があった。
なので、修正を依頼した。

組織論の組織原則を思い出した。

  1. 専門化の原則
  2. 命令一元化の原則
  3. 責任権限一致の原則
  4. 統制範囲の原則
  5. 例外の原則

このことについて、組織論ではこれらのことは守るべきことであり、
(特に製造業は)
組織の硬直化などが怖ければ、運用面でのコントロールが必要な旨を伝えた。
検討するらしい。

このミーティングの中でも、今度は有頂天になっている自分が存在していた。
そして、一人一人の今何が起こっているかというところまでは、
アプローチできていなかったように思う。

そして、夜は空手(遅れていった)と約30分の軽いジョギングだった。
夜中は多くの方とメール、電話をした。
前向きで、楽しかった。

今日はプライベートな面では、本当に楽しい1日だったのだが、
仕事の中で自分が望むコミュニケーションと言う点では、前に進んでいない感じがした。

「どうすれば、本当に望むコミュニケーションの方向に進めるだろうか。」

  1. 例の儀式をやる
  2. その人の全体と周囲のイメージを準備する
  3. コミュニケーションのゴールとシナリオをイメージする
  4. コーチとしてのレベル2.3のコミュニケーションのイメージを持つ

その人と会う前に、今何してるんだろうとか、その人の事を想うことはとても気持ち良い。
ちょっと切ない表情が浮かんだり、バタバタとしているシーンが浮かんだり、
楽しく談笑しているシーンが浮かんだりするが、その人の背景が感じられるように思う。

そして、自分があったその瞬間からどんな状態なのかを察知し、
会話の中ではまっすぐにその人を信じ、全てを受け入れる。
こんな一連のことを思い出すために、私は左手で右の襟元をつかみ、
心臓付近や首元に問いかけるのである。
「大丈夫」とささやきながら。

これをバッターボックスに入る前に丁寧にやってみよう。
私の場合、丁寧とか具体的にというのは、苦手なことなのだが、
これを丁寧にすることで、自分の望んでいるコミュニケーションが手に入れられると思った。

今日も自分を承認してみる。
「今時分が出来ていないことに向きあい、対策を考えることが出来たね。」といってみた。
「自分のことも、きっぱりと信じて進んでみたら・・・。」と返って来た。

背筋を伸ばして、大地を踏みしめ、そして、自分のハートに自信を持って言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む