第242号:欲。

今日は早朝ミーティングからスタートした。
昨日調子が悪かったので早く寝たのだが、やっぱり朝は眠い。
でもなんとか起きだして、出かけることが出来た。

昨日から続いている心の震えと、突然涙が出そうになる現象は続いている。
ちょっとミーティング中に苦しいシーンがあると、グボッとその辺りに何かが差し込まれる。
そうすると目頭が熱くなってくるのである。

もちろん、そのグボッと来るものにはいろいろなものがあった。

「グボッと胸に突き刺さるものは、どんなものなのか。」

  1. 自分の能力や行動等の至らなさ
  2. あきらめや不安
  3. 人が変化しようとする姿
  4. 私に対する思いやりの心
  5. 前向きな想い

結構、何でも刺さる。
といっても、泣き崩れるほど泣かそうとすると、そんなに簡単なわけではない。
秋だからセンチメンタルな気分になっているのだろうか。

最近、師匠の社長が夢と想いが満々としていて、会うたびにその姿に私は胸を打たれる。
今日も社長がきらきらと輝いていて、なんだか、オーラが変わったように感じた。
それでいて、しっかりと低く、地に足がべったりと着いていて、軸が太くて、
誰がけっても、殴っても動かないような強さを感じた。

社長が言った。
「縁は作るもの。」
人の縁が広がるかどうかは、縁を作るという明確な意図があるかないかだ。
結局のところ、良いお付き合いをしようと思って話をしているかどうかなのだ。
相手に関心を持って、その人自身味わうように話を聴く。
そうすれば、かならず縁は作ることが出来ると思った。

今日はそういう面で、営業を2件実施したのだが、ちょっと前のめりになってしまった。
縁は作るものと解っていながら、こちらからのプレゼンテーションが強くなってしまう。
解ることとできることの違いを強く感じた。

今日一日を過ごして感じたのは、「欲は限りない」ということである。
「これを満たしたい」と思って満たしてやると、次の「これを満たしたい」が過たず出てくる。
そして、今度はそれを満たすために必死になってくる。
それだけでなく、一つ満たしてやることで、他の「これを満たしたい」がたくさん出てくる。

以前、O乳業で働いていたときの最後の課長がよく言っていた。
「弁当持たしゃ食いたがる、弁当食べりゃ眠たがる。」
おっしゃるとおりだと思う。

この欲というのはいわゆるニーズと呼ばれるものであり、そこが刺激されると、
本来の自分でいられなくなるポイントであり、そして、その状態だ。

「自分をどのようにコントロールしたらいいのか。」

  1. 自分が何に弱いのか知って、適度な距離を持つ
  2. 自分に起こっている感情をしっかりと味わう
  3. 客観的、かつ、俯瞰的に自分を見る
  4. 自分の想いを深く、熱く感じる

これが、心の傷の部分に入ってくるととてもつらい。
でもよく考えてみると、心の傷って・・・。

これって、想いのこと・・・!?

心理学ではトラウマと呼ばれて、何らかの経験により本当に深く刻まれたものである。
誰もが多かれ少なかれ、こういった過去の経験を積みあげることで自我を形成している。
赤ちゃんのときのまっさらな状態から、いろいろな色を塗り、よろいをかぶって、
今の自分のカラーやトーンを創り出しているのだろう。

私の場合は、今気がついたのだが非常にたちが悪い。
この想いの部分と、欲の部分と、心の傷の部分が非常に近接していて、
ある一定の要件を満たすと、ぐちゃぐちゃに混じり合って分別がつかなくなるのである。
そして、自分がコントロールできなくなる。

こんな自分がいることを認めてあげたいし、そんな自分を可愛く思ってやりたいし、
そんな自分を急に変えることなんかできないのである。
もっというと、その想いを実現していくことこそが、人生の意味であり、
私が生きている理由なのだから。
でも、人に迷惑は掛けないようにしないとね。

今日も自分を承認してみる。
「自分に正直に、自分を許し、受け入れてあげることが出来たね。」といってみた。
「しっかりと自分の想いを感じ、おにコーチとして存在できるようになれ!」と返って来た。

ひとりひとりの想いを感じ、生きるしあわせを創ること宣言して言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む