第214号:感謝し生きる。

今日は早朝ミーティングだった。
相変わらず、家族がいないこともあって、自分勝手な起き方の私だった。

昨日の夜は空手の練習に行き、胴着がべちゃべちゃになって重たくなったのだが、
よくよく考えてみると、お風呂場に汚れた胴着が残っていない。
妻がいないので、誰が洗濯したのかと思ったら、どうも父がしていたようだった。
いつの間にか妻におんぶに抱っことなっていて、
こんなときでも父にまかせっきりで、何にも出来ていない自分に気がついた。

そして、朝一番で向かったのはISOの取得支援である。
今回はセミ早朝ミーティングだったが、うれしいことに導入が非常に堅調に進んでいた。
おまけに、懸案だったことも今日のミーティングで問題解決することが出来た。

それから、午前中に師匠である社長のいる会社に行った。
相変わらず、どっちがコーチか解らないくらい話しをさせていただき、
新しいエヌティ・クリエイトのPR戦略を構築することが出来た。
素晴らしすぎる。

さらに、経営革新の案件で、先日ご紹介いただいた企業に訪問した。
本当にやる気のある会社であり、私のことも受け入れてくださったようだ。

そして、ISOのシステム改善をやっている企業に行くと、
担当者の方はもちろん、事務の女性等、事務所にいる人が楽しそうに話しかけてくれる。
なんか受け入れられているというか、仲間というか、歓迎されている感じがした。
おまけに、現場改善のコンサルも仕事をお願いしたいというオーダーがあった。

その後、車屋さんに行き問題解決した。
本当に隅々まで気を遣って話をしてくれたり、困ったことへの対応を丹念にしてくれた。
商売のことも気にしてくださって、顧客の紹介も言って欲しいといわれた。

そして、今日は本当に多くの方が、どんどん電話をくれた。
農商工連携、経営革新に関するセミナーをやって欲しいとか、
経営革新の支援策の運用について不明なことを調べてくださったり、
私のことを気遣って、情報提供してくださったりと本当にいろいろな電話をした。

家に帰えると、父がカレーを温めてくれたり、トマトを切ってくれたり、
桃をむいてくれたりした。

そして、夜は愛しいクライアントとのセッションであったが、
自分のことが好きになることに、自分の力で進もうという言葉をもらった。
私もうれしかったし、そのしあわせを手に入れてもらうために私もベストを尽くしたいと思った。

今日一日の全てに感謝したい。
私が感謝することが、みんなの生きるしあわせを創ることにつながっていると思う。
「あきらめをなくし、生きるよろこびを創る」
そして私は、「勇気、行動、感動を提供する。」のである。

私のビジネスは現在順調であるし、いろいろな方からの支援を頂いている。
うれしいし、感謝している。
でも、もっともっと大きく成長している企業はある。

「今の私のビジネスに何が足りないのだろうか?」

  1. 私の覚悟
  2. 選択と集中
  3. 戦略と計画
  4. 行動の質と量
  5. 振り返りと改善
  6. 営業・マーケティング
  7. 組織的な活動

経営コンサルタントでありながら、全てである。
今日、師匠に聞いていただいた人間中心アプローチによる経営革新のPRについて、
目いっぱい活動するためのロードマップを描いて、戦略を実行してみたい。
そうすれば、必ず出来る。
いややってみせる。

私の周りにいる全ての方の期待に応え、感謝の気持ちを表すために。

今日も自分を承認してみる。
「みんなに感謝の気持ちを感じながら、一日を過ごすことが出来たね。」
といってみた。
「もっと、その気持ちを伝えながら生きてみたら。」と返って来た。

周りの方に甘えることなく、生きるよろこびを創る自分で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む