第199号:リセット。

今日は海の日だったが、朝からISOのコンサルだった。
最近、毎週日曜日に女性創業塾が続いているので、かなり疲れもピークとなった。
暑くて疲れて、体がだんだん動かなくなる。

昼からはJMBSのメンバーに経営革新計画の申請書の書き方の手ほどきということで、
その書き方についていろいろと話をした。

また、夕方には、ずっと会いたいと思っていた人がいたのだが、
都合が合わず、結局、お会いすることが出来なかった。
最近、仕事のほうも自分の進め方の問題なんだが、今ひとつ精彩がないし・・・。
めちゃくちゃストレスが溜まった。

そんな調子で、夕方は子供のジョギングに行ったのだが、
目に映る景色や木々などが、あまり、美しくは目に飛び込んでこなかった。
むしろ、もやがかかってちょっとくすんだ感じ。

寝不足や、ちょっと疲れていて自分のハートをコントロールできない感じである。
そんな風に考えていると、ちょっとだけ、リセットボタンを押したくなった。

「気持ちがリセットできる場所はどこか。」

  1. 帰り道からはちょっとだけわき道にそれた水門のあるところ/li>
  2. 高校の夕暮れのテニスコート
  3. 高梁川の酒津付近の水がバシャバシャと流れの速い場所
  4. 大学時代をすごした三島にあるスナックリーベや大学のキャンパス
  5. 中学時代に釣りに通った山の中にある静かな池

上記のうちでも、今日の気分は3.や5.の釣りができる静かな場所や、
水が音を立てて流れる場所で、心や体に積もったたくさんの荷物を1回降ろして、
心を静めたいようだ。

という状況であったのだが、結局、家に帰って食事をした。
あまり、機嫌が良いとはいえない状態だった。

その後、1本のメールで元気を取り戻すことができた。
私のことを気遣ってくれるやさしい言葉がそこには書いてあった。
私も、元気付けられる人でありたいと思った。

それから、幼なじみの行政書士からコーチングを教えて欲しいという依頼があり、
結局12時過ぎくらいまで話をした。
ちょっと疲れたけど、元気や勇気を少しでも提供できたのではないかと思った。

今日も承認してみる。
「相手の望みを聴き、相手の望む自分でいることが出来たね。」といって見た。
「もっと、自分自身を大切にしてみたら・・・。」と返って来た。

何にもとらわれていない軽やかな心で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む