第171号:一緒に働く。

今日は商工会議所の日だった。

昨日女性創業塾くらしきの初日を終えたので、心なしか気分が軽い。
ただ、準備と実行で疲れがかなり溜まっているらしく、朝、眠くてしかたがなかったが、
商工会議所に行って、スタッフの方々と話をしているとだんだん楽しくなってきた。

今日も、おかげさまで、心と体をほぐすアロマの網本さん、
30種類以上のチーズケーキを誇る女性パテシエ、
さらに、女性創業塾くらしきに2日目から参加したいという女性フラワーアレンジャー、
そして、花&カフェのフラワーアーティストと本当に多くの方々の想いが感じられた。
なんとか、成功してもらいたいし、私としては事業を成功させたい。

また、地域資源および農商工連携の案件も2件くらい存在していて、
そのうち1件は、たまたまその本人が来所した関係で一気に具体化した。
今後が楽しみ楽しみ。

農商工連携の現在の担当者がいるのだが、この方は理系でありながら、
熱い思いとコミュニケーション力のある本当にバランスのよい方だ。
この話が進むとご一緒できてこれもうれしい。

商工会議所にいるときは、やたらと人に声を掛ける様にしている。
たいしたことでなくても、話しかける。
出来るだけ、前言っていたことなどを覚えておいて、好奇心をもって聴く。
まだまだ不十分だけど・・・。

「もっと、一緒に楽しむためにはどうしたらよいか。」

  1. 興味のある話題を準備しておく
  2. ゲームや手品などちょっと驚きのあるものを身につける
  3. 同じ表情や同じ姿勢になって、同じ気持ちを味わってみる
  4. いつも胸に「あきらめを無くし・・・。」を持っておく
  5. もっと手近なところにある意図する結果を持つ

本当にいろいろなものがあって、自分がもっともっと素晴らしいコーチになったり、
情報や戦略的思考のプロフェッショナルになって、皆さんと一緒に仕事がしたい。

そう、商工会議所でのセンターの開所式のときに思った、
創業や経営革新に必要な情報の全てをチェックして、
本当の意味でのインキュベータ・マネージャーになりたいと思った。

今日も承認してみる。
「創業者の想いをしっかりと受けとめて、大切に扱っていたね。」といってみた。
「今日は本当に聴くと話すのバランスが良くて、よかったよ。」と返って来た。

もっと情報収集し、もっと考えて、もっと自信を持っていいたいです。
今日もありがとうございました。
必ずまた来てください。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む