第154号:フィルター。

今日も昨日に引き続き風邪を引いている。
体調が悪いので、昨日も栄養ドリンクと風邪薬をのんで、極力すぐに布団に入った。
なのに、朝起きてもどうも体調が優れなかった。

のどの奥がむずむずして、深い咳を連発する。
軽い偏頭痛のようなものを感じる。
眠たくなって、うっすらともやがかかったような状態になる。
相手の気持ちに集中できない。
しっかりと味わいきれない。
自分への信頼感が低くなる。

というあんばいに、ネガティブなサイクルが回り始める。
このサイクルに入ると、転がり落ちるというより、深みにはまっていくような感じになる。
深みにはまると、眉間に力が入り、そこから動けない。
何かが身体に絡みつき、軽やかに行動が起きなくなる。

「このサイクルに入らないためにできることは何か。」

  1. 体調が悪く、イライラしやすいという認識を持つ
  2. 状態を相手にも伝え、場合によっては極力摩擦を避ける
  3. 自分のモノの捉え方を感じ、修正する

特に、3.が大切だと思う。
ほとんどのネガティブな感情は、ものの見方、捉え方で起こる。
マイナスな出来事や、本当にネガティブな感情が迫ってきたとき、
その事実をどう捉えるかによって、マイナスのサイクルが発生するかどうかが決まる。

非合理的な思い込み(イラショナルビリーフ)によって、硬くて、ゴアゴアした心でいるのは、
疲れるし、コミュニケーション上の摩擦を生みやすくなる。
だから、体調が悪いときにこそ、このような自分のフィルターのスイッチを
ポジティブにしておくことが特に大切だと思う。

ただし、ある一定の事実と遭遇したとき得られる感情は、
その人にとって、生きる意味や共にいられないものなど、
その人にとっての真実が含まれていて、大切な情報である。

今日は妄想の女王とセッションした。
「そのことが実現できたら、周囲の人はどんな顔になり、どんな会話をしていますか。」
と問って見た。
春のたんぽぽから、夏のひまわりのような笑顔になり、楽しそうに妄想を膨らませていた。
それを見た私は、彼女が理想にむかって確実に進んでいるような気がして、
本当にうれしかった。

コーチングって本当に楽しいし、そのよさをもっともっと多くの人に味わって欲しいと思う。
なのに仕事が立て込んで、新たなクライアントとの時間が取れない状態がしばらく続きそう。
7人ぐらいで、グループコーチングでもやってみようか。
面白そうという方は、またお声掛けください。

今日も承認してみる。
「体調が悪い中、相手のために懸命にかかわっていたね。」といってみた。
「そうだ、まっすぐにかかわっていたよ。」と返ってきた。

「きっと、自分の理想は手に入れることができる」と信じながら言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む