第138号:いい感じ。

昨日は笑いすぎなかったせいか、今日はあばらの状態が非常に良い。
朝起きるときに、あまり気にすることなくすっと起きられるくらいだった。
これで調子に乗っているとまた・・・とおもったが、大丈夫。
しっかりと痛みは残っていた。

今日も、早朝ミーティングであり、朝から飛び出した。
とっても、気持ちのいい朝だった。

経営者の方と会って話をするということはやっぱり素晴らしいということを感じた一日だった。
かねてから新規事業を2人3脚で取り組んできた企業は、やっとその新規事業の目が出始め、
少ないながらも売上の予定が立つようになってきた。

この理由は、社長の想い、意思決定、そして、行動がある。
今日は特にその行動量が極端に増えていることに驚いた。
その結果が売上であり、社員からの信頼の獲得につながっていると思った。

また、ISOの取得支援の企業であるが、
今日は現場の方に会社のシステムを伝えるためのミーティングを行った。
その中で社長は経営理念を伝え、方針を発表した。
幸せ作りだそうな。

経営者の方の持つ情報量や能力、そして、思いは誰よりも負けないため、
通常は社員を攻める方向にそのことが機能してしまうことが多い。
しかしながら、今回は社員が失敗してもそのすべてを受け入れているような気がした。

私自身も経営者の器が見えたような気がした。

「今の心境を一言で言うと・・・。」

「いい感じ。」である。

自分の想いを感じながら、ひたすら行動する。
そこには、何にも障害はない。
誰も否定することなく、すっと立っている。
私で言うと、「展覧会の木」の状態である。

昨日のビジョンが更に明確になっていく。
O君と話をする中での気付きであり、自分の時間価値の目標が明確となったことである。
5月はビジョン作りの月なのかな。
ビジョンができたら経営戦略も作らないと・・・。

今日の締めくくりに妄想の女王とコーチングのセッションをさせていただいた。
会うたびにそのイメージが膨らみ、彼女の頬を緩ませ、楽しくさせている。
その話を聴くたびに楽しくなる私だった。
「きっとできるよ。」と言ってあげるのを忘れてないか心配になった。

今日はほめられるかな。
「みんなの生きるよろこびを感じられていたね。」
といってみると、次のように返ってきた。
「感じられていない人もいたし、自分の気持ちが勝っていたときがあったね。」
つらい、レスポンスであったが、もっとコーチとして生きることをしっかりと選びたいと思った。

まっすぐ信じ、聴き切ることのできるコーチの心で言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む