第97号:集団風邪。

自分が風邪を引いたばっかりに、息子たちは風邪を引いて高熱がでてしまった。
まず長男が40度オーバー、次男が38度からスタートし現在40度間近である。
私のほうも熱こそ治まったが、風邪の症状とメンタルな面は今ひとつという状況である。

子供が真っ赤な顔をして、苦しそうな呼吸で寝ているのは、
父としてみていて本当につらいものだと思った。
すこしでも、一緒にいて安心させてあげたい。
自分のことを大切に思っている心があることで、自信を持たせてあげたいと思った。

先週、ある場所でお会いした人と連絡をしていると、
その人も私が発熱した先週土曜日から熱が出たらしい。
そして、病院にいくとインフルエンザと診断されて、
私と同じく月曜日までは全く動けなかったらしい。
ひょっとしたら、同じインフルエンザの菌をもらってしまったのかもしれない。

「今回の失敗から学べることは何か?」

  1. 風邪を引いたら、子供からは隔離したところで生活する
  2. 必ずうがいと手洗いをする
  3. 仕事も遊びも無理をしすぎない

あまり、上記の内容はピンとこない。
というか、当たり前すぎる。

それもそうなんだが、親の責任として、風邪を引いてしまった今となっては、
子供が大切にされているという実感を持たしてあげることが大切だと思った。
じっとそばにいてあげることが、お互いに生きている証であるし、
子供が自分の重要感を感じるもっとも大切な時間にできると思う。

共に生きているという実感を持って言いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む