第81号:求めない。

今日は妙に落ち着いて判断ができるようになった。
ちょっとここ数日エネルギー不足を感じて休みを十分に取ったり、
身体を動かしたりしたからだろうか。

といいながら、じっくりといろいろなことを味わうと、
重かったり、ムカッときたり、なんだか痛いものが胸に突き刺さったりと、
結構いろいろなことが起こってくる。
今日は、うれしいことと、つらいことが交互に起こった日だった。

うれしいのは、
一緒にやってきた仕事の目標が達成されて、
そして、今後ももっと一緒にやっていきたいという気持ちをいただいたこと、
それから、ある人から西田を何とか育ててやろうという気持ちをいただいたこと、
さらに、ある人が自分の想い、つまり、人生キーワードを聞けたということ、

なんだか、人生レベルでうれしいことが満載だった。
何かしてもらったこと、というのはこんなにうれしいものかと思った。

ちょっとつらいことは、
自分で思い通りに仕事がはかどらないこと、
ある人から私としては懸命に取り組んできたのに、辛らつな言葉を伝えられたこと、
これは、今までにあまり経験がないほど憎憎しさがこみ上げ、
その時はぐっと我慢したが、ちょっと吠えてみようかと思うくらいである。

私流のコーチングでは、「おもいっきり、吠えてみて!」とか、
「もし言葉にするとすると、どうなるの?」という。

「だからおまえは××××××されないんだ!! ○○野郎!!」と思いっきり書いてみた。
(正直あまりすっきりしていないが、コーチングでは自浄作用が働きすっきりするはず・・・)

仕事がはかどらないのはともかく、辛らつな言葉が今でも胸に刺さり、
一生懸命にやってきたのに、もう・・・という感じである。
周りからの影響を受けるのも人生の味わいとしたいところである。

「解ってもらえない悔しさ」がこみ上げてきた。

今日たまたまある恩師からの電話でそういう話をしていたところなので、タイムリーヒットだ。
その方がケーキ屋で発見した、「求めない」という言葉がある。
どういう意味かインターネットで調べたり、考えたりしてみた。
あまり明確な答えは見つからなかったが、下記のような感じかなと思った。

何かをしてあげた。
それでも、何か帰ってくることを求めないということである。
これは、金銭的にも、精神的にも両方当てはまる。

そう、自分軸で生きることが大切なんだ。
私には大切な軸がある。

「生きるよろこびの渦」を創る。
そのために、勇気、行動、感動を提供する。
その時私は、今を100%で生きる。
熱く生きる。
「あきらめるな。絶対できる。」と励まし続ける。
イメージとしては、大きな懐深い枝を持つ「展覧会の木」のように。
どんな時でも、全てを味わい、受け入れる。
まっすぐ信じている。
もっと、皆が自分に自信を持って、自分だけのヒーローを育てていけるように。

すべて、あげることだ。

よし、もう一度頑張ってみよう。
明日が楽しみになってきた。

嫌なこともしっかり味わって、明日への糧にしよう。
今日も良い気づきをありがとうございました。
また来てください。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む