第77号:英気。

今日はたまりにたまった仕事を片付けようと、わりと長く家で内勤した。
家で仕事をしていると、世の中から取り残されたような気分になり、
ゆっくり安心できる反面、ちょっと不安な気持ちがよぎる。

「本当は、お客様のところへ行かなくていいのか?」とか、
「もっと営業して、次の仕事を取りに行かなくて良いのか?」とか、
家で仕事をさせないための言葉が、聞こえてきて、私の自由を奪っていく。
今日は、その言葉にも負けることなく、じっくりと自分と向き合うことが出来た。

といいつつ懸命に作業を進めて言ったが、なかなか仕事が進まなかった。
収穫としては、一定の時間で出来る仕事の量を客観的に感じたことだろうか。
これが解ることは、私にとってはとっても大きいことである。

「内勤をすることは、私にとってどのような意味のあることなのか?」

  1. 情報や知識を蓄えること
  2. 平静な自分を取り戻すこと
  3. お客様のために準備をして、自信を作りあげること

その時間は、例えるとするならば、根を深く広く伸ばしたり、幹を少しずつ膨らませたり、
汚れたものを洗い流してスッキリにすることになっているようだ。
あまり休めていないので、休みに近い効果があるのかもしれない。

そういえば、最近、内勤が非常に少なくなっていると思う。
私のものすごく準備をして、お客様の意向とは違うものを押し付けるのは本意ではない。
その人がその時に望むもの、つまり、その瞬間を大切にしたいと思っているからである。

不思議なもので、その瞬間の思考や感情に基づいたコミュニケーションのほうが、
成果につながりやすいし、満足できるようだ。
スッキリとした自分でその場に行きたいと思う。
そのためにも、英気を蓄えておきたい。

今日は世界フィギュアの女子フリーのテレビ放送があった。
中野由香里は惜しくも4位に終わったが、ノーミスの演技、そして、すがすがしい笑顔で、
「自分ができることはやりきった」と言い切ったインタビューが印象的だった。
常に努力し、命の燃える瞬間だと感じた。
やっぱり日頃の鍛錬と、自分との約束を守り、自分を尊重することがなにより大切だ。

今日もありがとうございました。
スッキリとして、力みなぎる声で言いたいです。
ありがとうございます。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (3)

久しぶりにお邪魔です∩(^∇^)∩
私もフィギュア見ました!
みんな素敵でしたね~
気づけば活躍中の彼 彼女たちは皆
年下ばかり・・・ですが・・
頑張っているな  とか  かわいいとか
上から目線は到底出来ません( ゚д゚)
尊敬の眼差しです(*゚ρ゚)ゞ

nokkoさん ありがとう。
そう、年齢じゃないですよね。
今まで何をやってきて、
これから何をしていくのか・・・。
それが尊敬と関係ありそうな気がしました。

同じフィギュアを見て素敵だと思えるのが、
とてもうれしいですね。

また、話を聞かせてください。
ではでは。

These topics are so consfuing but this helped me get the job done.

コメントを書き込む