第70号:フィードバック。

今年は絶好調!と自分に言い聞かせながら走ってきた。
「生きるよろこびの渦」を創るために、勇気と行動と感動を提供するぞと・・・。
「あきらめんなよ。」といいながら・・・。

そんな中で、非常に厳しいフィードバックをもらった。
今まで、そんなシンプルで、厳しくて、でも、受け取りやすいものはないというくらい、
ハッキリとしたものだった。

その言葉は、自分をたじろがせたし、うろたえさせた。
一瞬、これが自分に対するものだと思えないような言葉だった。
痛いし、つらかったけど、ただただ、何とかしなきゃと思った。

「どのような点で、このフィードバックは効果があったのだろうか?」

  1. その言葉には、嘘もないし、私を攻めているという感じがしない
  2. 率直にその人の気持ちが伝わってくる
  3. その人の気持ちを作ったのは自分だと明確である

皮肉や、批判ではなく、コントロールでもない、その人の気持ちがそこにあった。
本当に生まれてはじめてである。
真摯に受け止めたい。

ありがとうございます。
なかなか行動を変えることができない自分がいます。
根本的な対策が必要ですね。
こんな私ですが、また来てください。
再度、ありがとうございます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む