第67号:感じた。

今日も早朝から現場入りした。
昨日疲れてしっかり寝たせいか、なんとなく心と身体に余裕を感じられる。

薄暗い時間から出発し、女性ヴォーカルの声に心を震わせながら車を走らせると、
久しぶりに、心にエネルギーがあるのを感じた。

これから進めていこうと考えている仕事、そして、その仕事でみんなが喜び、
成果や幸せを手にしていくこと。
そして私も喜び、幸せを感じている。

経営コーチという自分の役割から、プロジェクトマネジメントやエグゼクティブコーチング、
さらには、コーチとしてモチベーションを高めるという観点から、
リンク&モチベーションのようなカードワーク、JMBSのDTG・・・・。
研修やセッション、そして、現場でのOJTをセットした情報、思考、行動、そして、
その振り返りのための仕組みであり、とにかく様々な展開が待っている。
要するに、私が声を大きくして言いたい“人を責めない”経営の実践である。

「これをどうやってプロモーションしていくのか・・・。」

  1. 全国の商工会議所を講演して歩く。
  2. 本を書く(経営コーチのがいいなあ。)
  3. 地域のメディアから順に活用し、露出をあげる。

というように、とってもいい気分だし、やる気もみなぎっている。
しかし、こんないい気持ちの時には、人の声が聞こえにくくなっている感じがする。

「人の声が聞こえなくなるのは何が障害となっているのか?」

  1. いい気持ちを維持したいという感情。
  2. 痛いところをつかれたという感情。
  3. 解っていないのに・・・という感情。

ちょっと、これは大事そうだったけど、基本的には感情的になって、
自分を守ろうとしているのが解る。

何を守ろうとしているのか・・・。
いわゆるプライドだろう。
もっと、このプライドについてみてみたいけど、今日はこのあたりで・・・。

自分の変なプライドより、生きるよろこびを創ることに集中したいですね。
気合を入れて、ありがとうございます。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む