第57号:シンクロ。

最近、妙に自分のやっていることや想いに近い人が多いと感じる。
さらに、突拍子もないようなところで、会いたいと思う人と出会ったり、
知り合いの知り合いとつながっていたりということが非常に多い。
岡山は狭いということかもしれないが・・・。

「なぜ自分にとって望ましいシンクロ状態が起こるのか?」

  1. 自分の想いが明確になっている
  2. 想いに基づいて行動している
  3. 想いに基づく行動量が増える
  4. 同じ想いを持った人との縁ができる
  5. その人に役に立てる
  6. 自分の意識の幅が広がり、深さが増す
  7. 自分の想いがさらに強まる

自分が実現したいこと、自分が支援したいこと、そのために必要な人や物が近づいてくる。
ポジティブなところで共感する。

時に調子が悪いときは、ネガティブなところで共感が起こる。
そうしたら、ある意味、自分にとって望ましくないものが近寄ってくる。

「私が気をつけなければならないことは何か?」

一つ目は、自分の軸と熱さをいつも持って生きることである。
調子に乗りすぎたり、自分のことだけに気をとられてしまったり、
周りの人の想いを感じてあげられなくなったりしてはならない。
なぜならば、「生きるよろこびの渦」を創るためだ。

二つ目は、ネガティブな想いでも受け止めてあげることだ。
だからといって、完全に同感してまって、同じ方向に進んでしまってはいけない。
いつでもその人がありたい姿や本当に欲しいものが手に入れられるように、
本気でサポートしてあげたい。
すべては、「生きるよろこびの渦」を創るためだ。

しっかりと、認めてあげることも、厳しいフィードバックをすることも、
手を抜くことなく、伝えてあげたい。

きっと、それが私にできるもっとも大切なことだから・・・。

今日もありがとうございます。
出会った人に、全てをかけて立ち向かえる自分でありたいです。
早く仕事しなきゃ。
また、来てください。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (1)

j'adore ces moments de vie!han mais par contre je me prends chaque fois une grosse claque car octave dessine vraiment comme un gros pied, il a même regressé "en boouhnmmes&qsot; !

コメントを書き込む