第53号:落ち着いて。

昨日は雪の県北だった。

冷たい空気と日差しの明るさが、さわやかで気持ちが良かった。
これが、生きている実感だろう。
こんな余裕を持って生きられると、こころが元気になる。

夜は耕之助の空手10級の昇級試験。
仕事が忙しくて、見ないと決めていたが、少しだけ、試験に顔を出すことができた。
ちょうど、体育館に入ったとき、西田耕之助!!と呼ばれたところだった。

宗家訓、五誓訓、しこ突き、空間突きの4種目だったが、
五誓訓では、3回も詰まったが、落ち着いてじっくり搾り出すように考えて、
言葉にすることができた。

私は、人前に出たり、見られたりしていると、
緊張してしゃべりたいことがわからなくなることがある。
もう真っ白になって、考える余裕すらなくなる。
そんな中、耕之助のびびらず、じっと自分の記憶をたどる姿に感心した。

見事合格! やったね。
耕之助らしく、こつこつと落ち着いてできたね。
準備という段階では、反省することも多いけど・・・。
私がうれしかった。

「私は何がうれしかったのだろう?」

  1. 落ち着いてびびらない姿
  2. ひたむきに取り組む姿勢
  3. 自分が大切にしながら、できていないことができること

正直、将来への期待感や見所を感じた。
ヒーローを育てるというのは、自分の子供にもそう思っているかもしれない。
子供が生きるよろこびをもっともっと感じてくれたら・・・。
私が生まれ、生きていることにもっと喜びが感じられるということなのだろう。

また、こんな感動に会いたいです。
ありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む