第49号:幸いなこと。

今日は、広島県北部での仕事だった。
朝から、岡山市の南部でひとつ仕事を終わらせてから向かったのだが、
時間がなくて、バタバタと広島に向かった。

疲れもピークとなり、運転もままならない。
そんな状態で、命からがら現地にたどり着いた。

行く最中に、「ちょっとガソリンがやばいな。」と思ったが、
約束の時間に間に合わせるために、ガソリンを入れなかった。

さて、打合せの内容はともかく、無事終了した。
帰る段階になって、時間が遅いせいか、
東条の市街地でガソリンを入れようとしたが、まったくガソリンスタンドはなし。
いつものルートで帰ろうとしたが、どう考えても道中にガソリンスタンドが無い。
思い切って中国道に乗って、ガソリンスタンドのあるサービスエリアに行くこととした。

最悪なことに、ちょうど届きそうな距離に「大佐P」を発見。
途中に新見でおりることができるが、それは無視して、「大佐P」を目指すことにした。
しかし・・・。

ついてみると、ガソリンスタンドに明かりが・・・ついてない。
というか、本当についてない。

「えっ」と思った。
下りの反対車線のガソリンスタンドはやっているのに、
上りのほうは、20:00閉店。
パーキングエリアの人に相談するも、最初はほとんど取り合ってもらえず。

途中で出てきた方に説明してもらったが、
ETCに入っていれば、外に出れて、反対側のガソリンスタンドにいけるが、
ETCに入っていないのでそれはできない。
あと17km走れれば、北房で補給できるが、どう考えてもとどかない。

久々に、おもいっきり、腹が立った。
ガソリンスタンドやってないんだったら、はじめっから終了時間を明らかに表示すべき。
ガソリンスタンドの表示が書いてなかたり、
終了時間が明確になっていれば、新見でおりたのに・・・。

おまけに、JAFに入っていなかったので、ガソリン10リットルが15,000円也・・・。
めちゃくちゃ高い。
この結論に至るまでにも、紆余曲折あり・・・。

結局、仕事の準備をやりたい時間に、パーキングエリアでボーっとする羽目に。
とりあえず、ノートPCを出して、ブログを書き始めた。

最近、ちょっと、潮目が変わってきたような気がする。
特に、今日は良くない足音がする。
ドーンと、落っこちてしまいそうな感覚がある。

「こんなとき、良いサイクルを創るためにできることは何か?」

  1. 余裕を持って行動する
  2. 前向きで明るい言葉を心がける
  3. 人のために尽くす

そうだ、自分のビジョンを思い出そう。

勇気、行動、感動を提供する
生きるよろこびの渦を創る
そして、自分は熱く、今を100%で生きる
風林火山、自分を楽にする。

「まだ、足りないような気がするが、何が足りないのか?」

1.この時間を無駄にしない。
このことは、熱く、今を100%で生きることと関係がある。

2.空を見上げる余裕を持つ。
今を深く味わい、生きている実感を得る。

3.人生という視点を持ったり、人生における意味を感じる
今をありのままに受け入れ、おこったり、腹を立てたりしない。

そんな中、幸いなことに、電池の切れ掛かった携帯電話を店の人に充電してもらった。
さらに、幸いなことに、電池の切れ掛かったPCも電気を補給することができた。
そして、さらに幸いなことに、このブログをほぼ書き終えようとしている。
家ですることがひとつ終わった。

空を見上げると、大きな月と星が出ていて、そっと見守ってくれている。
家に帰ると、大切な家族が静かな寝息で眠っていた。
わたしも、お月様のような存在でありたいと思った。

余裕やユーモアのある私で会いたいです。
今日もありがとうございました。

«
»
 

トラックバックURL

コメント (2)

災難でしたね。

ETCは通勤時間に100km以下は半額になりますから、加入されることをお勧めします。100km近く走ると昼食代くらいはうきます。(^_^)

鉄じぃさま ありがとうございます。
ETCやっぱり入らないといけないですね。
昼食代というのがイメージしやすかったです。
早めに導入したいと思います。

コメントを書き込む